Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

Digital Edgeは、日本の東京に2つのデータセンターを買収しました

シンガポールを拠点とするDigitalEdgeは、日本の東京にある2つのデータセンターを買収しました。

同社は、日本デルコアルテリアネットワークス株式会社と、日本橋と新宿でそれぞれComSpaceIとComSpaceIIを購入する契約を締結しました。

「Arteriaとの長く成功したパートナーシップを楽しみにしており、市場の需要に合わせて拡大し、デジタル変革の旅においてお客様に優れたサポートを提供する他の機会を模索し続けています」とDigitalEdgeのCEOであるSamuelLeeは述べています。

ComSpace Iのベースは3,641平方メートル(39,100 sq ft)で、ComspaceIIのベースは9,336sq m(100,500 sq ft)です。 東京と大阪のアルテリアには、さらに多くのデータセンターがあります。

トランザクションは2つのフェーズで完了すると予想されます。 第1フェーズはすでに完了しており、第2フェーズは2021年に完了する予定です。 契約条件は発表されていないが、同社は、「合計」で5,300を超えるデータセンター容量を顧客に提供するために2億ドル以上を投資したと述べている。

日本ではデジタルエッジが拡大している

「DigitalEdgeは、日本のデータセンターの2つの主要な場所である東京や大阪など、日本の主要な大都市圏に卓越した国内拠点を構築することにより、日本でのクラウドの採用とデジタルトランスフォーメーションの加速に取り組んでいます。」 デジタルエッジ。

「Arteriaとのパートナーシップにより、追加の貨物と戦略的で運送業者が密集した場所へのアクセスが可能になります。 その結果、グローバルおよび日本の企業は、国内での基盤を強化し、プラットフォームを強化して、世界クラスのデータセンター資産が提供するネットワークの多様性を享受できるようになります。 」

Digital Edgeは、ニューヨークを拠点とするプライベートエクイティファームであるStonebeak InfrastructurePartnersの支援を受けて2020年8月に設立されました。 リーCEOは、以前はエクイニクスアジアパシフィックビジネスの責任者を務めていました。

同社は2022年第1四半期に大阪中心部に12メガワットの施設を開設する予定であり、東京にある伊藤忠テクノソリューションズ株式会社の目次郎坂データセンターに出資している。 同社は先月、韓国のソウルと釜山にあるSejongTelecomのデータセンター資産を買収しました。

アルテリアネットワークスの副所長兼最高経営責任者であるカプモトコウジは、次のように述べています。 「DigitalEdgeは、データセンターの開発と運用に関する専門知識が、顧客が今日の機会を受け入れ、明日の成長の可能性を開くことを可能にする、より堅牢なプラットフォームを構築するのを見るのを楽しみにしています。」

READ  8月の雨と暑さがおさまった後、日本の九州地方では野菜の価格が上昇