Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

Documents Claims Advisory Committeeの映画上映中止の呼びかけは「検閲」 – ARTnews.com

文書15のプログラミングを監督する任務を負った諮問委員会は、反ユダヤ主義の根強い非難の中で、集団アーティスト「サボタージュ・フィルム」によって制作された映画の上映をキャンセルするよう求めました. 一方、5年に1度開催されるカッセル見本市の主催者は、中止の呼びかけは「検閲」だと反論。

「Tokyo Reels」と題された映画プロジェクトは、1960年代から1980年代にかけて制作された、日本とパレスチナの関係に関する未公開映画のコレクションを紹介します。 ラマッラーからブリュッセルまでのグループが立ち上げたウェブサイトの声明は、文書の修復プロジェクトが完了したことについて、「強硬な多国籍映画の不完全なアーカイブ」の調査であると説明している。

関連記事

声明の中で、反ユダヤ主義の傾向を含むとされる作品を監督するために任命された7人の文化専門家のパネルを含む諮問委員会は、水曜日に予定されていた上映の「緊急の」キャンセルを勧告した. 声明は、映画の「反ユダヤ主義および反シオニスト」カットと、委員会が「正当化する」と述べたプロジェクト全体にわたるアーティストのコメントを引用しました。[s] 無批判な議論を通じて、イスラエルを憎み、原資料でテロリズムを美化する。

委員会は、映画の中でイスラエルを「反ユダヤ主義」と表現するために「ファシスト」という言葉が使用されていることを発見し、これは「イスラエルは国家社会主義ドイツと同等である」とまで述べた.

カッセル市とヘッセン州は8月初旬、ショーをめぐる反ユダヤ主義の根強い非難を分析するために専門家委員会を設置した。

委員会は最近の声明で、文書15がアラブ・イスラエル紛争を扱うビジネス関連の番組で「反イスラエル的態度」を示していると非難した。 委員会は、作品が「プロパガンダの性格を示し、反ユダヤ主義的要素を明確に特定し、歴史的歪曲を修正する方法で」再文脈化された場合、作品の公演の「アピールの可能性」が考慮されると述べた.

報告書はまた、日本人監督の足立正夫とのプロデューサーのコラボレーションについて映画シリーズを批判している. 彼は、1970 年代にパレスチナの軍事抵抗を支援した日本赤軍の元メンバーです。

文書 15 の主催者と 65 人の署名者は公開書簡で、この主張を強く否定し、調査結果を証明するために不明確な方法論を使用したとして委員会を批判しました。 「私たちは検閲の拒否を支持しているため、この科学諮問委員会の設立に強く反対しています」と声明は読みました.

「我々は彼らの最初の報告書の主張を受け入れない」と書簡は続け、委員会の調査結果は「ヨーロッパの優位性」によるものだとした。

Subversive Films の担当者はすぐには応答しませんでした アートニュースの コメント依頼。

READ  フィッシュポッドキャストプロファイルの「弱体化」国際ファン