Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

DPM ヘン・スウィー・キート氏が SMBC シンガポール創立 60 周年について語る

DPM ヘン・スウィー・キート氏が SMBC シンガポール創立 60 周年について語る

大使 石川 博
三井住友銀行 代表取締役社長 高島 誠氏
三井住友銀行 代表取締役社長 福富 章博 氏
ご列席の皆様

今晩、シンガポールにおける SMBC の 60 周年を祝うためにご一緒できることを光栄に思います。 まず、SMFG 代表取締役社長兼グループ CEO ジョン・オタ氏のご逝去に心よりお悔やみを申し上げます。 太田さんは、SMFG を率いて ASEAN におけるプレゼンスを強化し、ASEAN と日本の間の多面的協力に貢献した尊敬されるリーダーでした。

SMFGの中核であるSMBCには、400年以上遡る豊かで印象的な歴史があります。 1876 年に日本の地方銀行として設立され、現在では 39 か国で事業を展開するグローバル企業です。 SMBC は、シンガポールが独立する 2 年前の 1963 年に初めてシンガポールで事業を開始しました。 それはスタッフ約 30 人の小さなチームで、セシル ストリートにあるオフィスで働いていました。 当時、シンガポールの金融セクターは経済のほんの一部にすぎず、GDP の 5.1% に貢献していました。 現在、シンガポールの金融部門はシンガポールの GDP の 14% を占めており、SMBC 銀行は従業員 1,300 名を超えるシンガポール最大の日系銀行です。 SMBC のシンガポール事務所は、アジア太平洋地域の地域本部として機能し、コーポレートバンキング、インフラファイナンス、サステナブルファイナンスの強力な能力を備え、インドやオーストラリアを含む地域の 15 市場をカバーしています。 実際、故太田さん自身も数年間シンガポールで働いており、多様なチームと働くことでどのように恩恵を受けたかを前向きに語ってくれました。

SMBC のこの地域における存在感と知識は、貴社がアジアでの機会を掴み、新たな市場へのアクセスを求める日本企業の架け橋として機能するのに有利な立場にあることを意味します。 確かに、チャンスはたくさんあります。 ASEAN の合計 GDP は 2030 年までに 10 兆米ドルに達すると予想されており、その頃には ASEAN 人口の 70% 近くが中間層に移行することになります。 同様に、日本はこの地域内で明るい分野であり、アナリストらは2023年の健全な経済成長率がアジアの他の地域では0.5~1.1%であるのに対し、2%と予測している。 日本の株式市場や不動産市場も堅調だ。 今年初めに日本を訪れたとき、私は多くの企業や機関と会い、政策立案者と話をしました。 私は、研究と革新への取り組み、そしてテクノロジーにおける深い能力に感銘を受けました。 日本が地域や世界に提供し、貢献できることはたくさんあります。 だからこそ、今年初めに東京でお会いしたとき、私は高島さんに、三井住友銀行は多くの革新的な日本企業にサービスを提供しているので、これらの企業が国際化してこの地域で新たなチャンスを模索するよう奨励する役割を果たせるのではないかと提案したのです。 シンガポールは、日本企業がこの地域で成長するための拠点として喜んで機能します。 これは、ASEAN と日本の友好関係 50 周年を祝う上で、相互に有益かつ適切なものとなるでしょう。

特に、持続可能性とテクノロジーは、より深い地域協力を促進できる2つの有望な分野であると考えています。 SMBC がこれを促進し、この地域における貴社の専門知識とネットワークから恩恵を受けていることを嬉しく思います。 テクノロジー分野では、SMBC は 2017 年にシンガポールにアジア イノベーション センターを設立し、エンドツーエンドのデジタル サプライ チェーン金融プラットフォームなどの革新的なデジタル ソリューションを開発し、より広い地域で展開しています。 SMBCは今年、シンガポールに2億米ドルのコーポレート・ベンチャー・キャピタル・ファンドであるアジア・ライジング・ファンドを設立し、この地域のフィンテック新興企業に投資した。 持続可能性の分野では、SMBC 銀行は持続可能な金融の地域リーダーであり、この地域のグリーン エネルギー プロジェクトへの主要な融資銀行です。 シンガポールではSMBCが初の水素対応工場に融資している。 また、金融機関がシンガポールの不動産セクターの持続可能性パフォーマンスを評価するのを支援する MAS の NovA AI ツールなど、国家的取り組みにおいて SMBC が中心的な役割を果たしていることにも感謝します。 最近発表された暫定信用連合(または TRACTION)に加えて、市場で実行可能な解決策として暫定信用を開発するための障壁と解決策を特定します。

テクノロジーと持続可能性は成長分野として、強力な人材プールを必要とします。 SMBC が銀行金融協会の FinTech イマージョン プログラムに積極的に参加していることを嬉しく思います。 このプログラムは、中堅社員に構造化されたトレーニングと付属品を提供するため、金融サービス部門のテクノロジー分野でのキャリアに向けて再スキルを身につけることができます。 SMBC は、SMBC の最初のサステナブル ファイナンス センター オブ エクセレンスであるシンガポール グリーン ファイナンス センター (SGFC) の創設パートナーでもあります。 2020 年に設立されたこのセンターは、持続可能な金融における研究、教育、人材育成をサポートしています。 SMBCは設立パートナーとして、セミナーの開催、研究への貢献、SGFC取締役会への助言などを通じて、サステナブルファイナンスの分野における知識を深めることに貢献してきました。

SMBC は過去 60 年にわたり、シンガポールの確固たるパートナーであり続けています。 私たちは緊密な関係を大切にしており、引き続きSMBCと協力し、シンガポールおよび地域全体での銀行の拠点を深めていくことを楽しみにしています。

大使が前述したように、日本とシンガポールは多くの分野で二国間および地域協力を行っており、素晴らしい関係にあります。 SMBC と複数の日本の銀行がシンガポールで利用できる金融仲介を含め、新たな機会を模索し、より多くのことを共同で行う余地は十分にあります。

それでは、お祝いに私を招待していただき、誠にありがとうございます。 創立60周年を心よりお祝い申し上げますとともに、今後とも皆様のご多幸をお祈り申し上げます。

READ  元副大臣は、円が対ドルで130円を超えると、日本銀行は「懸念」されるだろうと述べた。