Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

easyMarketsがMetaTrader 5を提供開始

海外FX業者のeasyMarketsが、世界で広く使われているトレードツール・MetaTrader 5を提供開始した。これまで提供していたMT4と併せ、トレーダーの選択肢がさらに広がることになる。

 

世界的なトレードツール

 

世界各国で愛用されるトレードツールのメタトレーダー5、またの名をMT5は2011年にリリースされた。それ以前から存在していたMT4(メタトレーダー4)は、同じ業者によって開発されたトレードツールだ。

MT5はMT4の上位バージョンとしてリリース。MT4に比べて改善された点は、チャートの時間足が4分足、6分足、12分足などかなり細かく選べるようになったこと。そしてMT4に比べて全体的に動作が速くなった点がある。

MT5もMT4も対応する金融商品は主に為替ペアだが、その他に金などの先物やダウ工業平均など株価指数の一部にも対応している。

 

easyMarketsが提供開始

 

海外の大手FX業者であるeasyMarketsが、最近になってMT5の提供を開始した。easyMarketsは以前からMT4を提供しており、それ以外にもウェブのトレードツールやMT5と同じく広く使われているトレーディングビューというトレードツールを提供してきた。

easyMarketsのMT5サービスの特徴の1つに、変動スプレッドがある。同社が提供するMT4上ではスプレッドは固定されていた。

変動スプレッドの場合、重要な経済指標発表後など市場のボラティリティが高くなった時にスプレッドが広がる。その反面ボラティリティが低い時はスプレッドが狭くなり、固定スプレッドより小さくなることもある。

固定と変動はどちらも一長一短だが、MT5とMT4の両方が使えることでトレード戦略に応じて使い分けられるメリットができる。

 

EAも利用可能

 

そしてeasyMarketsのMT5では、MT5の目玉とも言えるEAも利用ができる。EAとはエキスパートアドバイザーの略で、自動売買ができる仕組みのこと。

EAでは多くの売買戦略が提供されており、トレーダーは毎月一定額を払って戦略を「購読」することで、戦略通りの自動売買ができる。現在MT5向けに多数のEA戦略が出回っているため、多くの戦略から自分の好きなものを選んで自動売買をすることが可能だ。

 

EAを開発する側になることも

 

EAの仕組みを十分理解できたら、EA戦略を自分で開発してそれを販売して稼ぐという方法もある。これはMT5であるからこそ可能なことで、MT5を利用することで自分自身によるトレードだけではなく他の方法で利益を出すこともできる。

それだけ多くの可能性を持っているMT5が、easyMarketsによって日本語で提供されたことは、日本人トレーダーにとっていいニュースと言える。

READ  日本の工場の生産高は増加しており、雇用の可用性はほぼ1年の高さです