Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ETFがETF購入プランから撤退

ETFに興味がありますか?

私たちの訪問 ETF 投資家のニュースと教育、市場の最新情報と分析、適切なETFを選択するのに役立つ簡単なツール。

上場投資信託の年間目標である6兆トン(550億ポンド)を放棄し、日経225または日経400ウォッチャーの購入をやめるという日本の決定は、日本のETF市場の将来の方向性について疑問を投げかけています。

3月19日、中央銀行は、ターゲットを削除するという広く期待されている発表を発表しました。これにより、Topixを監督するETFのみが購入されるようになります。

しかし、それは言った t12tnを保持 これは、コロナウイルス感染への対応策として昨年3月に導入された年間購入額の上限です。

日銀のETF合計 成功 先月のT47tnとこれらの購入からの手ごろな価格の利益 到達しました 1月末のT13tn。 になりました 大きすぎる 昨年12月初旬の日本株の保有者は、日本の政府年金投資ファンドを上回った。

この記事は以前に公開されました ヒューズアジア、FTグループが所有するタイトル。

政府関係者、学者、市場参加者は、日銀にプロジェクトからの撤退を長い間求めてきました。 コール それは「持続不可能」であり、「大きな欠陥がある」。 彼らは、金融市場の価格と貿易を混乱させる大規模な購入意欲に批判的でした。

現在、ETFが何をするのか疑問視している人もいます。

モーニングスターの香港アジアETFリサーチディレクター、ジャッキー・チョイ氏は、「日銀はこれまでに購入したETFをどうするのか。これは常に1兆ドルの問題だ」と語った。

「彼らが既存の株式をどうするかは聞いていない。彼らはより効果的に液化する貸付施設を始めたが、ETFを販売していない」とチェ氏は付け加えた。

中央銀行は昨年6月にETFを市場参加者に一時的に提供するための貸付ファシリティを設立しました。 しかし、プログラムには 戦った 投資家の関心を引くため。

日銀の買収に後押しされて、日本で最も広い市場のETFのいくつかは、必然的に、アジアで国内に定住した製品の中で最大の流入を見てきました。

昨年、これら 含まれています 野村アセットマネジメントの野村トピックスETF、ニコアセットマネジメントのニコリストドインデックスファンドトピックスETF、ディーバアセットマネジメントのディーバETF。

中央銀行は昨年、6.845兆ETFを購入しました。 日本の2つの債券取引所のデータによると、国内株式を監視している5つの最大のETFは、昨年末にAUMで294.29兆に達しました。

その中で、ネグラAMが立ち上げたネクストファンドトピックスETFとネクストファンドは、それぞれ441.44兆と3773億の資産を持つ日経225ETFがトップです。 ニコ上場投資信託トピックス、TivaPvt。

ETFは、日本の株式に投資する際にETFの残高をいつどのように清算するかがグローバルな資産配分者に明らかであるため、買収活動がETF分野の他の投資家に悪影響を及ぼした可能性があることを認めています。

日銀がETFをどうするかを決定したとしても、少なくとも将来的には、ETFを「確実に」受け入れないだろう、と東京を拠点とするニコアセットマネジメントのチーフグローバルストラテジスト、ジョンウェイルはIgniteAsiaに語った。

「彼らは購入プロセスを遅くするかもしれませんが、私は個人的に彼らがすでに持っているETFをオフロードするとは思いません」とワイルは言いました。

ニコAMは2週間前に日本の投資ストラテジストを調査しましたが、大多数はボーズが少なくとも今後10年間は​​市場に影響を与えるような方法で株式を発行するとは考えていませんでした。

中央銀行のETFの買い物は、ETFプロバイダー間の競争を促進するためにあまり効果がありませんでした。

「私が知る限り、日銀は市場シェアに基づいてファンドからETFを購入している」とモーニングスターのチェ氏は語った。 「それで、彼らは資金を支援することを避けるために比例的にそれをします。」

ロンドン証券取引所グループの事業であるリフィニティブのアジアのトレーディングデスクトップディレクターである葛西康典氏は、ボズの政策の方向性の変化は、中央銀行が多様化し始めることへの希望を与えたと述べた。

「日銀は市場全体をターゲットにしたETFを購入する傾向があります [those tracking the] トピックスインデックスや日経インデックスなどは購入しないでください [environmental, social and governance] またはテーマ。 しかし、GPIFと公的市場は安定した金融市場に向かって動いています」と葛西氏は語った。

葛西氏は、持続可能な開発と人間の福祉に投資する企業の出現に伴い、中央銀行はいくつかのETFの購入を観察しましたが、それらの準備金はまだ少ないと付け加えました。

T 6tnの目標を引き下げることは、市場参加者にとって驚くべきことではありません。 日銀は今年初めからETF調達計画の柔軟性を高めることを期待している兆候があります。

ニコAMのワイル氏は、「今年は数回しか足を踏み入れていない。日銀は、今年のこれまでのところ、6兆トンの目標に到達するまでには至っていない」と述べた。

これは明白なルールではありませんが、野村のアナリストは2月19日の調査ノートで、トピックスインデックスが午前のセッションで0.5%以上失われるたびに中央銀行が介入すると述べています。

しかし、彼らは、トピックス指数がこの2日間で0.54パーセントと0.76パーセントを失ったため、BoJEは2月18日または2月19日にETFを購入しなかったと述べました。

* Ignites Asiaは、プロパティマネジメントの分野で働く専門家向けにFTスペシャリストが発行するニュースサービスです。 新製品の発売から規制や業界のトレンドまで、すべてを網羅しています。 テストとサブスクリプションはこちらから入手できます ignitesasia.com

ここをクリック ETFセンターにアクセスするには

READ  バリュー投資家が日本に注目すべき理由