Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

F-35B航空機試験を実施するための日本の改造ヘリコプター

オーストラリア-日本、メルボルンに拠点を置く米海兵隊のF-35ジェット機は、第5世代戦闘機を運用するために日本海上防衛軍のヘリ空母から移管されます。

日本国防省は9月30日のプレスリリースで、短い離陸と垂直着陸またはSTOVL機能を備えたF-35Bが3日から7日の間にJS出雲に着陸し、離陸試験を実施すると発表した。 10月。

航空機は日本国外の太平洋のどこかで運航され、ロッキード・マーティンが製造した航空機を運航できるようにする空域の変化を確認するために使用されます。

米国の同盟国が受け取った合計157機のF-35のうち、42機のF-35Bが需要があります。 2024年から最初の8機のSTOVLジェット機を供給することですでに合意しており、最新の日本の国防予算は2022年度にさらに4機の航空機に資金を割り当てています。

海兵隊F-35Bは、山口県岩国海兵隊戦闘機に派遣された航空機から運用されます。 サイトによると、出雲は本日、「地域の安全と安定対策を支援するために」この機能に到達した。

2012年からF-35Bを運用している海兵戦闘機攻撃飛行隊(VMFA)121の航空機と乗組員である可能性はありますが、どの海兵隊が出雲の飛行作戦を支援するかは明確ではありません。 2017年から日本。

第2岩国連隊VMFA-242は、2020年後半にのみ変革を開始したF-35Bの初期運用能力に到達したのはごく最近のことです。

以前はヘリコプターのみを運用していた空軍基地が6月に飛行場から新たに塗装された線で出現したため、船の交換作業の第1段階はすでに完了しています。

横浜の磯子にあるジャパンマリンユナイテッド造船所ですでに完了している作業の目的は、F-35Bの排気からの温度に対応し、着陸やその他の照明を翼の航空機の運用に調整するために、飛行場に耐熱コーティングを施すことです。

日本政府は、2022年度の国防予算で出雲に代わる追加の作業のためにすでに6000万ドルを確保している。 Yahoo Japanのニュースポータルのレポートによると、これにはRadeonの共同精密アプローチおよび着陸システム(JPALS)を取得するための3,220万ドルと、不特定の技術サポートのための米軍への1,070万ドルが含まれます。

変換の次の段階では、F-35Bの運用に対応するために船の内部空間を変更して、飛行場の正面を台形から長方形に再構築します。

これらの変更により、航空機が発射する兵器を保管するための航空燃料容量と装甲マガジンが増加し、2026年に完成する予定です。 日本はまた、出雲の姉妹カッパナガガをF-35Bキャリアに変換します。

READ  南野は韓国のフレンドリーな日本チームのキャプテンです