Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

FIFA U-20ワールドカップで日本がブラジルを破りイタリア、セネガルに衝撃を与える

FIFA U-20ワールドカップで日本がブラジルを破りイタリア、セネガルに衝撃を与える

ブエノスアイレス、アルゼンチン(AP通信)―U-20ワールドカップのタイトル保持者2人は日曜日に初出場を果たし、イタリアがブラジルを3-2で破り、日本はセネガルに1-0で衝撃的な勝利を収めた。 。

ナイジェリアとコロンビアは劇的な形で試合に勝ち、どちらもはるかに弱いライバルであるドミニカ共和国とイスラエルに2-1で勝利しました。

グループDの試合では、11分にMFマッテオ・ブラッティが至近距離からシュートを決め、イタリアが3-0とリードした。 イタリアは27分、ブラジルのゴールキーパーミシェルがクロスをクリアできず、左MFチェーザレ・カサデのボールをヘディングシュートでクリアし、リードを2倍にした。 カサディは35位から3位となった。

ブラジルは態勢を立て直し、ストライカーのマルコス・レオナルドが72分に1点目、87分にヘディングシュートで2点目を決めたが、時すでに遅し。

セネガルはラプラタでのグループCの試合で早々に日本に衝撃を受けた。 15回にストライカー松木久龍選手が得点し、日本が反撃を許した。 今大会期待のスター選手の一人であるセネガルのウインガー、サンバ・ディアロは結果が出ず、73分に交代となった。

これに先立ち、メンドーサで行われたグループDの試合では、ナイジェリアがドミニカ共和国を破り、23日からエディソン・アスコナが先制ゴールを決めた。 しかし、アフリカチームの激しさは後半に功を奏した。

ナイジェリア人は左サイドバックのギジェルモ・デ・ペーニャのオウンゴールで31分に同点に追いつくと、70分にサムソン・アデニラン・ラワルが勝利を決めた。

コロンビアはラプラタで行われたグループCのイスラエル戦で終盤に勝利を収めるまでに困難に直面した。 57分にドレ・ダビド・トルケマンがイスラエル代表のゴールを決めたが、コロンビアは74分グスタボ・プエルタでオスカル・コルテスのゴールで90分に盛り返した。

コロンビアは来週水曜日に日本と対戦する。 水曜日の他の試合ではイタリアとナイジェリアが対戦し、ブラジルはドミニカ共和国と対戦する。

アルゼンチンがインドネシアに代わった。 イスラム教徒が多数を占めるインドネシアをイスラエルが主催することに対する抗議活動により、FIFAは会場の変更を余儀なくされたが遅すぎた。

___

AP サッカーでもご覧いただけます: https://apnews.com/hub/soccer および https://twitter.com/AP_Sports

READ  日本の宇宙機関IceSpaceが月への着陸船の打ち上げを目指す - TechCrunch Japan