Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

Flipkartの資金調達:Flipkartは36億ドルを調達し、評価額は376億ドルに跳ね上がりました

地元の電子商取引会社Flipkartは、新しい資金調達ラウンドで36億ドルを調達しました。これは、2018年に米国の小売業者Walmartに160億ドルで買収されて以来、外部投資家からの最初の資本注入です。

この資金調達は、SachinとBinny Bansalによって設立されたスタートアップに、オンラインショッピングを拡大し、Amazon Inc、Reliance Industries、TataGroupなどの資本の豊富な競合他社を買収するための大きな火力を与えると期待されています。

ツアーは、カナダ年金制度投資委員会(CPP投資委員会)、シンガポール政府のソブリンウェルスファンドGIC、日本のSoftBank Vision 2ファンド、およびカタール投資庁などの現在の支援者が参加した、ウォルマートのフリップカートの筆頭株主が主導しました。権限。

同社は、ウォルマートが主導する内部ラウンドで12億ドルを調達した昨年の249億ドルから、資金調達後は376億ドル以上の価値があります。 3年前、フリップカートは220億ドルの価値がありました。

e-tailerは月曜日の声明で、DisruptADやKhazanah Nasional Bhdなどのソブリンファンドと著名な投資家であるTencent、Willoughby Capital、Antara Capital、Franklin Templeton、TigerGlobalも資金調達に参加したと述べた。

ウォルマートは、資金調達ラウンド後、フリップカートの株式の約74%〜75%を所有すると予想されています。

情報筋は、フリップカートも8000万ドル以上の従業員株式を買い戻し、従業員持株会(Esops)を持つ人々に流動性を与えると付け加えた。

ETは6月4日に、ソフトバンクビジョンファンドがより広範な資金調達ラウンドの一環としてフリップカートに6億ドルから7億ドルを投資するために交渉中であると報告しました。

今回のラウンドはまた、日本の投資家が3年前に撤退して以来、ソフトバンクがキャップテーブルに戻ったことを示しています。 孫正義が率いるソフトバンクは、2017年にフリップカートに25億ドルを投資し、翌年にはその株式を40億ドルでウォルマートに売却しました。

Flipkartの共同創設者であるSachinとBinnyBansal(関係なし)はeコマース会社を辞めました。 ただし、Binny Bansalはまだ会社の株式の約3.5%を所有しており、Sachin Bansalはウォルマートとの取引時に5.5%の株式全体をWalmartに売却しました。

資本配分:顕微鏡下の食料品

Flipkartは、Covid-19のパンデミックの助けを借りて、インドのオンライン小売市場が急速に拡大しているときに、新しい資本を使用して事業を拡大し、市場シェアを獲得します。

ウェブ小売業者は、サプライチェーンとロジスティクスネットワークを強化するための資金とともに、食料品、ファッション、消耗品に資本を投入することを検討しています。

食料品とフリップカートの技術プールへの投資は、他のセクターと比較して不均衡になります。 ウイルスの発生のおかげで、Flipkartの食料品への関心の高まりは、オンラインでの必需品に対する需要の高まりの中でもたらされました。

Praxis GlobalAllianceのマーケットインテリジェンスユニットであるPGALabsのレポートによると、オンライン食料品市場は2025年までに220億ドルに達すると推定されています。 プラクシスのデータによると、タタが所有するBigBasketは、市場シェアが約37%で、この分野で最大のプレーヤーであり、Amazon India、Grofers、Flipkart、RelianceのJioMartなどがそれに続きます。

ETtech

先週、フードデリバリーアプリのZomatoは、食料品市場サービスを再開する予定だとも語った。 Swiggyは、InstamartとSuprDailyを通じてこのスペースでも機能します。

主要なグローバル投資家によるこの投資は、インドでのデジタルコマースの約束と、すべての利害関係者にとってこの可能性を最大化するフリップカートの能力に対する彼らの信念を反映しています。 FlipkartGroupのCEOであるKalyanKrishnamurthyは声明のなかで、「お客様にサービスを提供する際、キラナス(コーナーストア)を含む数百万のインドの中小企業の成長を加速させることに注力します」と述べています。 「私たちは引き続き新しいカテゴリーに投資し、Made-in-Indiaテクノロジーを活用して、消費者体験を変革し、世界クラスのサプライチェーンを開発します。」

バンガロールを拠点とする小売業者は、ファッションとアクセサリーの需要が低いパンデミックに見舞われたファッションポータルのミントラも収容しています。

ペイメントユニットであるPhonePeは、昨年末に55億ドル相当の独立した事業体として設立されました。

FlipkartとWalmartは引き続きPhonePeの最大の株主ですが、SoftBank、Alibabaが支援するPaytm、Amazon Pay、ローカル決済ユニットのGoogle Payに匹敵する決済プラットフォームは、外部投資家から追加の資本を調達しようとしています。 昨年12月のリストラ時に独自の取締役会を設置した。

ソフトバンクインベストメントアドバイザーズのパートナーであるリディアジェットは、次のように述べています。「ソフトバンクのフリップカートへの再投資は、同社の経営陣との経験と、今後数十年にわたってインドの消費者のニーズに応え続けるという信念に基づいています。

ソフトバンクは、アジア最大の電子商取引投資家の1つとして、この地域のデジタル商取引を形作る主要なトレンドに幅広いレンズを持っていると彼女は語った。

フリップカートグループ評価セグメントETtech

「低価格で高品質の選択肢を求める消費者の需要と若い人口に対応する機会は、フリップカートの成長ストーリーによって可能になった「5兆ドルの経済」を求めるインドの探求にとってオンライン消費を決定的にします」とゲイツ氏は付け加えました。

政策改革中のゴリアテの戦い

Flipkartの最新の資金調達は、RelianceやTatasなどの伝統的なインドのコングロマリットが新しいeコマースベンチャーの拡大を計画しているときに行われ、ライバルのAmazonもインドへの投資計画を継続しています。

Amazon India(Consumer Business)のバイスプレジデントであるManish Tiwariは最近、インドのセクターに対する最近の政策提案により、e-tailerは投資戦略に大きな変化はないと予想しており、国。

アマゾンはすでに70億ドル以上をインドに投資しています。

Tata Groupは、e-grocer BigBasket、オンライン薬局プラットフォーム1mg、フィットネス会社Cultfit(マイノリティステーク)などの資産の購入と投資に約15億ドルを費やしました。一方、Relianceは、UrbanLadderやe-pharmacyNetmedsなどの過酷な新興企業を買収しました。 MilkBasketの日用品配送プラットフォームの購入を終了する最終段階にあります。

リライアンスインダストリーズのムケシュアンバニ社長は最近、JioMartが毎日65万件の注文に達したことを発表しました。これは新しいピークです。

ETは先月、タタグループが著名なグローバル投資家から20億ドルから25億ドルを調達しようとしていると報告しました。これは、昨年シルバーレイクパートナーズやKKR、ジェネラルなどの著名な投資家から150億ドル以上を調達したリライアンスのJioプラットフォームと同様です。アトランティック、グーグル、サウジ公共投資基金。

月曜日に、ETは、Tata Digitalの現在のチームとBigBasket、1mg、およびCultfitの創設者が、9月に予定されている超極度のハイパーアプリの発売に合わせてブランドのオンライン統合に向けてどのように取り組み始めたかを報告しました。

このセクターの大企業は、急成長しているオンライン小売市場で卓越するために扉を閉ざしますが、これらのプラットフォームは、政府によって提案された最近の政策変更についても懸念しています。

ETは今月初めに、フリップカート、アマゾン、タタスが消費者問題局によって提案された電子商取引ポリシーの変更について複数の懸念を提起したと報告しました。

業界の利害関係者からの批判を受けて、政府はコメントの期限を7月21日から7月6日まで延長しました。

READ  世界の株式と金は、インフレ懸念の中で3か月で最高水準で安定します