Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

FTC、MicrosoftのレイオフはActivisionの独占禁止法裁判での内容に「反する」と主張

FTC、MicrosoftのレイオフはActivisionの独占禁止法裁判での内容に「反する」と主張

米連邦取引委員会(FTC)は、マイクロソフトにおける最近の人員削減の波は、同社によるアクティビジョン・ブリザード買収を巡る独占禁止法裁判で示された内容に「矛盾している」と述べた。

手紙 昨日、米国連邦控訴裁判所に提出されました。最初に発見されたのは、 はしっこ FTCは、同社の人員削減計画は、昨年合併が完了する前にマイクロソフトが法廷手続きで自らを表明した方法と異なっていると主張した。

Microsoftは当法廷に対し、「万が一売却が命じられた場合でも、Microsoftが強力な市場参加者としてActivisionの事業の一部または全部を簡単に売却できるような方法で合併後の企業が組織され、運営されることになる」と主張した。 「FTC顧問イマド・D・アビヤド氏はこう書いている。

小島氏はPlayStationゲーム界の救世主だったのか?YouTubeで見る

「さらにマイクロソフトは、「合併前の現状を維持するため」の差止め命令によって売り出される主要普通株式は、「マイクロソフトが限定インテグレーターとして運営する予定のアクティビジョンの垂直買収には関与していない」と主張した。スタジオ「」

FTCは特に、人員削減によって「MicrosoftとActivisionの『重複領域』が減る」というMicrosoftの主張に異議を唱えた。 FTCは、これは「合併後は両社が独立して運営されるというマイクロソフトの提案と矛盾する」と述べた。

FTCは、人員削減により、係争中の行政手続きで成功した場合、同庁が「効果的な救済」を得ることは困難になると述べた。

マイクロソフトは1月、ビデオゲームチームの従業員1,900人を解雇すると発表した。 Microsoftのゲーム部門責任者フィル・スペンサー氏は、この時点で全社に送信された電子メールの中で、この決定を「苦渋の決断」だと述べた。 この人員削減は、マイクロソフトが昨年690億ドルでアクティビジョン・ブリザードを買収し、2021年にゼニマックスを75億ドルで買収したことを受けて行われた。

READ  市場規模2021年主要な主要プレーヤーによるコバルトベースのナノ結晶ストリップ市場分析