Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

G7の大臣は、石炭を段階的に廃止し、エネルギーとプロジェクトを脱炭素化することを約束する可能性があります

2020年7月13日、米国ペンシルベニア州ニューキャッスルのリボン鉱山からの無煙炭の重機の見通し。2020年7月13日に撮影された写真。REUTERS/ Dane Reese

今すぐ登録して、Reuters.comへの無制限の無料アクセスを取得してください

ブリュッセル(ロイター)-ロイターが見た会議の声明草案によると、7つの経済大国のグループの気候大臣は、2030年までに汚染石炭火力エネルギーを段階的に廃止し、2035年までに電力部門を脱炭素化するというコミットメントを今週検討する。

化石燃料の最大の輸出国であるロシアによるウクライナの侵略は、ロシア以外の化石燃料をより多く購入し、ロシアのガスへの依存を減らすためにより多くの石炭を燃やすためにいくつかの国の間で急いでいます-戦争によって引き起こされたエネルギー危機が起こるかもしれないという恐れを引き起こします可能性があります。 気候変動と戦うための努力を弱体化させる。

G7の気候、エネルギー、環境大臣は水曜日から金曜日までベルリンで会合します。

今すぐ登録して、Reuters.comへの無制限の無料アクセスを取得してください

そこで彼らは、世界的なエネルギー価格の上昇と燃料供給の懸念に対する短期的な対応が、地球を加熱している温室効果ガス排出量を削減するという長期的な取り組みを損なうことがないようにするという取り組みに合意しようとします。

「我々は、2030年を目標に国内の石炭火力発電と非産業用石炭火力発電を段階的に廃止することを約束する」と彼らの会議の声明草案は述べた。 「執拗な」という言葉は、排出量を隔離するために技術を使用しない発電所を指します。

草案はまた、G7諸国が「2035年までに正味ゼロ電力セクター」を持ち、2025年までに「非効率的な」化石燃料補助金を終わらせるというG7の過去の公約をどのように満たすかについて公に報告し始めることを要求するでしょう。

ドラフトは、金曜日に承認される前に変更できます。 議論に精通している情報筋は、日本と米国は石炭の段階的廃止日を支持できないことを示していると述べた。

国内の発電インフラを監督する日本の産業省の関係者は、G7交渉について直接コメントすることを拒否した。

関係者は、2030年までに国内の石炭発電を段階的に廃止するという提案は日本の国内政策に沿っていないだろうと述べた。 日本は、電力ミックスに占める石炭の割合を、2019年の32%から2030年までに19%に減らすことを目指しています。続きを読む

米国当局は、進行中の交渉についてコメントすることを拒否した。

「バイデン大統領は、2035年までにカーボンニュートラルなエネルギー部門という国の目標を達成するために積極的な行動を取り、同盟国が気候変動の野心を達成するのを支援するために世界的な舞台をリードしている」と当局者は述べた。

石炭は最も多くの二酸化炭素を排出する化石燃料であり、科学者たちは、世界が気候変動の最悪の影響を回避するのに十分な速さで排出量を削減するためには、石炭の世界的な使用を減らす必要があると言います。 続きを読む

G7諸国はすべて石炭エネルギーを使用していますが、その割合はカナダ、フランス、イタリア、英国よりもドイツ、日本、米国の方が高くなっています。

ドイツとカナダは2030年までに石炭を段階的に廃止することを約束しているが、フランス、イタリア、英国は早期に段階的に廃止することを計画している。 米国と日本は日付を設定していませんが、2035年までに電力網を脱炭素化する米国政府の計画は、石炭プラントがその日付までに停止するか、炭素回収技術を使用することを示唆しています。

閣僚間の目標に合意しなかった場合、6月のG7会合で合意の可能性があるため、首脳に渡される可能性があります。

今すぐ登録して、Reuters.comへの無制限の無料アクセスを取得してください

(Kate Abnettによる報告)大林由香とTimothyGardnerによる追加の報告。 マリア・シーハンとキャサリン・エヴァンスによる編集

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  任天堂はスプラトゥーン3の新しい音楽トラックを共有しています