Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

G7閣僚は、太陽光と風力エネルギーの大きな新しい目標を設定

G7閣僚は、太陽光と風力エネルギーの大きな新しい目標を設定

[札幌、日本、日本 ロイター] – 先進7カ国(G7)は日曜日、太陽光と洋上風力エネルギーの主要な新たな共同目標を設定し、再生可能エネルギーの開発を加速し、化石燃料のより速い段階的廃止に向けて動くことに合意した。

しかし、彼らは、カナダや他のメンバーが推進している石炭を段階的に廃止する2​​030年の期限に同意するまでには至らず、ガスへの継続的な投資への扉を開いたままにして、セクターが潜在的なエネルギー不足に対処するのに役立つ可能性があると述べた.

日本の西村康稔産業相は記者会見で、「前例のないエネルギー危機の中で、気候変動に対処すると同時にエネルギー安全保障を強化するための対策を講じることが重要です。

「カーボン ニュートラルを達成するにはさまざまな道筋があることを認識しながら、2050 年に向けて共通の目標を追求することの重要性に合意しました。

G7閣僚は、日曜日に日本北部の札幌市で気候、エネルギー、環境政策に関する2日間の会議を終了しました。 ロシアのウクライナ侵攻を受けて、再生可能燃料源とエネルギー安全保障が新たな重要性を帯びてきた。

カナダの天然資源大臣であるジョナサン・ウィルキンソン氏は、「当初、人々は気候変動対策とエネルギー安全保障への取り組みは相反するものかもしれないと考えていました。しかし、私たちが行った議論は声明に反映されており、実際にはそれらが協力しているということです」と述べました。

メンバーは声明の中で、2030 年までに洋上風力発電の容量を 150 ギガワット、太陽光発電の容量を 1 テラワット以上に増やすことを約束しました。

彼らは、遅くとも2050年までに正味ゼロエネルギーシステムを達成するために、「絶え間ない化石燃料の段階的廃止」を加速することに同意した.

石炭に関して、各国は、2035年までに少なくとも「主に炭素」のエネルギー部門を達成するという昨年のコミットメントの一環として、「執拗な国内石炭火力発電」の段階的廃止を加速するための「具体的かつタイムリーな措置」を優先することに合意した.

ウィルキンソン氏はロイターに対し、カナダは石炭火力発電を2030年までに絶え間なく段階的に廃止しなければならないことを明確にしており、オタワ、英国、その他のG7メンバーはその期限を守ることを約束している.

「自分たちの時間枠内でどうやってそこにたどり着くことができるかを理解しようとしている人もいます」とウィルキンソンは言いました。

「私たちは、他の人よりも石炭に依存している一部の人々が、それを行うための技術的な道筋を見つける方法を見つけようとしています」と彼は言いました.

“ビッグデータ”

Ember Energy Research Center のデータ インサイトの責任者である Dave Jones 氏は、次のように述べています。

「これが、洋上風力発電がジグソーパズルの欠けているピースであり、エネルギー部門が考えられていたよりもはるかに早く脱炭素化される可能性がある日本にとって、これが課題になることを願っています。」

開催国である日本は、エネルギー需要のほとんどすべてを輸入に頼っていますが、少なくとも 10 年から 15 年間は移行燃料として液化天然ガス (LNG) を維持したいと考えています。

G7メンバーは、気候変動の目標と一致する方法で実施されれば、ウクライナの危機によって引き起こされた潜在的な市場の非効率性に対処するために、ガス部門への投資が「適切である可能性がある」と述べた。

彼らは、2040 年までにプラスチック汚染の増加をゼロにすることを目標としており、目標を 10 年進めています。

(カチャ・ゴルブコワと大林由香による報告)デビッド・ドランによる編集

私たちの基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  日本の財務大臣は、「過熱した」円のボラティリティを懸念している