Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

Gaia 25 シリーズ: 日本の技術で命を救う

Gaia 25 シリーズ: 日本の技術で命を救う

今週は、テクノロジを活用して国内外の重大な健康問題に取り組んでいる日本企業 2 社を紹介します。 まずはハップ株式会社です。 Ltd は、2006 年に設立され、Coveross を開発した東京を拠点とするアパレルのスタートアップ企業です。 衣類に応用される加工技術です。 Coveross は既存の生地を使用して複数の機能を組み込み、快適さと機能性に重点を置いています。

同社社長の鈴木モト氏は、「世界の縫製工場」として知られるバングラデシュへの進出を決意した。 多くの衣料品ブランドがこの国に独自の製造拠点を持っています。 Hapは約6年前にバングラデシュで製造を開始した。 デング熱はこの国で差し迫った問題であるため、鈴木氏はリスクの高い貧しい地域の人々を守るために、Coveross技術を使用した蚊よけ衣類を開発したいと考えていました。

鈴木さんは昨年7月にバングラデシュを訪問し、首都ダッカの病院を訪れた。 その月だけで、病院には 43,000 人のデング熱患者が受け入れられました。 死者数は204人で、2022年の同時期と比べて20倍に増加した。鈴木氏はダッカ大学生物科学部も訪問した。 そこで彼は、地元の蚊を撃退する最も効果的な化学物質の組み合わせを決定するために、さまざまな化学薬品と防虫特性で処理されたさまざまな種類の生地を実験しました。 彼は東京に戻り、引き続きさまざまな化学物質の研究を続けました。 数週間後、彼は埼玉県羽生市の工場を訪れた。 彼は、新しい殺虫剤と昆虫を撃退する化学物質を使用して、蚊に刺されないように保護する衣服のプロトタイプに取り組みました。 同氏は8月に再びバングラデシュを訪れ、今回は現地のテスター数人の協力を得て、防虫効果のあるカバーロスを1か月間試験した。 テストは成功し、鈴木氏は2024年中にバングラデシュで防虫シャツを発売する予定だ。

続いて、代表取締役社長の緒方裕子氏が2015年に設立した、香川県高松市のスタートアップ、メロディーインターナショナルを紹介する。 私は当初から遠隔医療に携わっており、香川の産院向けにデジタルカルテを発明しました。

同社は、革新的な iCTG 出産監視システムでマタニティケアに革命を起こしています。 医師は子宮内の赤ちゃんの状態をリアルタイムで確認できます。 この iCTG 装置はすでに全国 135 の病院で使用されています。 尾形の iCTG システムは国際的に認められ、現在、日本やタイを含む 16 か国で使用されています。 緒方さんは2020年、産婦人科医を中心とした医師不足が深刻なブータンにiCTG装置を寄贈した。 国内の医師数は約300人だが、産婦人科の医師はわずか15人のみで、そのうち8人は首都ティンプーの国立病院に勤務している。 iCTG システムは、医療専門家へのアクセスが限られている遠隔地であっても、ブータンで出産前ケアを提供するのに効果的であることが証明されています。

緒方さんは2023年8月、ブータンのプナカを訪問。 iCTG システムは 2 年前にプナカ病院に導入され、同施設では毎月約 10 種類の異なる分娩に使用されています。 緒方さんは、産婦人科医が勤務する都市部の小規模診療所と基幹病院を結びつけることを目指している。

アドバイス:

1) Hap Co.の防虫生地をチェックしてください。 株式会社 Coveross テクノロジーの使用
2) Melody International の iCTG 胎児モニターは母親と赤ちゃんの両方に利益をもたらします

READ  Switch、PS4、または Xbox One の下取りの場合、GAME で 100 ポンド未満の Xbox シリーズ S • Eurogamer.net