Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

GEは日本にハリケーンに強い海上タービンの設置を推進

東京発-ゼネラル・エレクトリックは、ハリケーンに耐える大型風力タービンの国際認証を取得した最初の企業であり、日本やその他の国の沖合に発電機を設置する予定であるとニッキー氏は学んだ。

強力なタービンは、ヨーロッパよりも激しい嵐になりやすいアジアへの業界の動きを加速させることが期待されています。

英国と米国では、2022年から2024年の間に操業を開始する予定で、3つのプロジェクトの建設がすでに計画されています。

日本では、GEは北東部の秋田県と東京近郊のシバ県のビーチにタービンを設置することを計画しています。 これらのプロジェクトのオークションは5月に終了する予定です。

GEの目標は、菅義偉首相の2030年の目標を設定することにより、日本の排出量を2013年のレベルから46%削減することです。 スカは、再生可能エネルギーの推進を加速するために、木曜日に米国大統領ジョー・バイデンが主催した仮想気候サミットで計画を発表しました。

米国企業のハリケーンフォースタービンは、発電機にハリケーンなどの悪天候が発生しやすい地域への設置を検討するよう促し、海上風力発電の使用を支援する可能性があります。

GEのタービンの高さは248メートル、出力は12,000kWです。 国際電気標準会議の分類では、ハリケーン状態で高風速を処理できる製品について、タービンはD-Glassとして認定されています。

Tクラスは2019年にIECによって設立されました。 以前は、最高レベルの認証はクラス1でした。これは、10分間で毎秒50メートルの平均風速を必要とします。 Tクラスには、毎秒最大57メートルの風に耐えられる設計が必要です。

IECによると、57Mbps-約205km。 -これは、今後50年間に発生する最大風速です。

GEには、空気ガスに応じて風力タービンの方向を自動的に調整し、空気圧を下げる構造が含まれています。

同社は、沿岸風力発電機で使用されている技術を使用し、強風に耐えられるように異常を作成するために使用されるコンポーネントとコンポーネントを強化しました。

GEはオランダのロッテルダムビーチで一年中テストを実施し、新しいタービンが強風下でも問題なく稼働していることを発見しました。

生産コストは従来モデルに比べて15%〜20%高くなっていますが、従来の工場では対応できない海でも風車が使えるため、需要は旺盛だと考えています。

ほとんどの海上タービンは、偏西風が均等に吹くヨーロッパの北海に設置されています。 ただし、ハリケーンや風の乱れが発生する可能性が高いアジアに向かう企業が増えるため、追加の設置の余地はまだほとんどありません。

日本は、設置されている洋上風力発電容量を2030年までに10ギガワットに拡大することを計画しています。 同じ年に、世界風力エネルギー協会は、世界の風力発電の41%がアジアに設置されると見積もっています。

GEは、沿岸風力タービンの市場で重要な役割を果たしています。 オフショア、スペインのシーメンスカムザ再生可能エネルギーとデンマークのベスタスは55%の市場シェアを持っています。 GEの子会社が市場の約4%を占め、中国のSevind Shanghaiが10%を占めています。

GEは、Tクラス認証を取得することで受注が増えると考えていますが、競合他社が自社製品の改善に向けた取り組みを加速させているため、競争は熾烈です。 古くからの米国企業は現在、洋上風力タービンで使用される主要機器を共同で製造している日本の東芝と共同交渉中です。 パートナーは、製造コストの削減も期待しています。

READ  日本はプログラムにバックリンクし、人々がCOVID-19ワクチンを選択できるようにします