Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

Go To Travelは、日本が経済を後押しし、荒廃したセクターを救おうとしているため、帰国する予定です。

全国のCOVID-19症例は昨年以来見られないレベルで推移し続けており、政府は経済を後押しするための政策を回復しており、それは旅行への移動キャンペーンへの復帰を意味する可能性があります。

政府は現在、昨年導入されたプログラムを再開する方法と時期の詳細を検討しているが、1月または2月の再開を視野に入れて、感染が急増した数か月後に中断された。

斉藤鉄夫観光相は火曜日、「特に観光業界の企業から多くの要望が寄せられていることから、詳細については引き続き検討し、再開したいと考えている」と述べた。

NS 旅行キャンペーンに行く 当初は昨年7月に発売され、パンデミックに見舞われた観光需要を刺激するため、1.35兆円の巨額の予算に支えられた。 指定された旅行代理店を通じて旅行プランを購入したり予約したりした場合、1人の旅行費用の半分(宿泊や交通機関などの35%割引、残りの15%は旅行中に店舗やレストランで使用できる特別クーポン)をカバーしました。特定のホテルで。

旅行者は1滞在あたり最大20,000円(14,000円の割引と6,000円のバウチャー)を手に入れることができました。 日帰り旅行の場合、制限は10,000〜7,000の割引、3,000のクーポンでした。

しかし12月、COVID-19の症例が急増したため、政府はプログラムを一時停止しました。

現在、岸田文雄首相は、割引を減らし、感染予防策を強化する、改訂されたGo ToTravelキャンペーンを検討しています。

新しいプランのドラフトに基づいて、滞在あたりの最大控除額は総費用の30%に削減され、最大控除額は14,000から10,000に削減されます。 日帰り旅行の場合、割引は最大3,000になります。

クーポンは平日3,000円、週末1,000円を上限とし、週末に需要が集中しないよう平日の旅行を促進します。

感染のリスクを軽減するために、政府は旅行者に予防接種の証拠を提出するか、COVID-19検査で陰性を提出するよう要求する予定です。

キャンペーンの再開は、荒廃した観光セクターに希望を与えるかもしれませんが、それが旅行の需要と消費をどの程度刺激するかはまだわかりません。

一部のエコノミストは、Go ToTravelプログラムが昨年大きな経済的影響を及ぼしたと述べました。

第一生命研究所のチーフエコノミスト、熊野英生氏は次のように述べています。 昨年12月のレポート キャンペーンは7月から12月にかけて消費を1.46兆円押し上げた。 昨年のパンデミックによる消費の減少を考えると、彼は報告書で、この数は重大な影響を及ぼしたと述べた。

しかし、他の専門家の中には、補助金プログラムが経済を刺激するのにどれだけ役立つかを判断するのは難しいと言い、本当に旅行したい人はキャンペーンがなくてもそうするだろうが、感染リスクを心配している人はそうしないだろうと言った。 割引があっても旅行。

キャンペーンの再開はまだ決まっていませんが、多くの地方自治体が、特に国内旅行者向けに独自の割引プログラムを提供しています。

しかし、COVID-19の症例数が少ないままであるため、一部の都道府県は、日本の他の場所からの訪問者に割引を提供し始める可能性があります。

例えば、千葉県庁はすでに 宝くじのキャッシュバックプログラム 全国どこからでもご利用いただけます。 旅行者は県内の指定ホテルで1泊5,000円の現金または割引が受けられます。

共同通信からの情報を追加

誤った情報と多くの情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

READ  ホンダとフォードは、電気自動車のバッテリー排出量に関する世界的なルールを設定するよう圧力をかけています