Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

Greenkoの創設者は、インドのプライベートスペースローンチ会社で1100万ドルの「A」シリーズの最初のラウンドを主導します

ニューデリー :Greenkoの創設者であるMaheshKolliとAnilKumar Chalamalasettyは、プライベートスペースロケットを製造しているインドの新興企業であるSkyrootAerospaceに投資しました。

ColeとChalamalacetiは、1100万ドルのシリーズAラウンドを主導し、それぞれGreenkoの社長兼共同マネージングディレクター、CEO、マネージングディレクターを務めています。 Greenkoの株式は57.5億ドルと評価されています。

これは、昨年6月に連邦内閣が宇宙部門を民間部門の参加に開放し、新しい組織であるインド国立宇宙推進ライセンスセンター(IN-SPACe)の設立を承認したことを背景にしています。民間企業にそうするように勧めます。 インドの宇宙インフラの使用。

「これは、インドの宇宙スタートアップシーンにおけるこれまでで最大の投資だ」とスカイルートエアロスペースは木曜日の声明で述べた。

インド宇宙研究機関(Isro)の元科学者によって設立されたスカイルートは、さらに4,000万ドルを調達する計画であり、最初のロケットであるVikram-1の打ち上げに取り組んでいます。 来年半ばからグローバル予約を開始する予定です。 これは、ElonMuskによって設立されたSpaceExploration TechnologiesCorpまたはSpaceXとJeffBezosによって設立されたBlueOriginが民間の民間宇宙飛行に積極的に取り組んでいるときに起こります。

資金調達ラウンドには、元WhatsAppチーフビジネスオフィサーのNeeraj Arora、Myntra、CureFitの創設者で現在の投資家でもあるMukesh Bansal、Solar Group、Worldquant Ventures、Graph Ventures、Sutton Capital、VedanshuInvestmentsの参加も含まれていました。 Bansalは会社の初期の投資家であり、すでにMerakiLabsインキュベーターを通じて150万ドルを投資しています。

「スカイルートは世界の宇宙産業における強力な新興プレーヤーであると信じており、宇宙へのアクセスを民主化するという彼らの使命に参加できることを嬉しく思います」とチャラマラセテとクーリーは共同声明で述べた。

ハイデラバードを拠点とするGreenkoは、GIC HoldingsPteによって推進されています。 株式会社アブダビ投資庁、日本企業ORIX、GIC HoldingsPte。 株式会社とアブダビ投資庁は現在、グリーンコと日本の金融サービス会社オリックスにそれぞれ56%と14%を所有しています。 株式の17.5%。 KolliとChalamalasettyが残りの株式を所有しています。

「スカイルートが今日構築している次世代の技術は、持続可能性の介入、宇宙研究、データ分析、通信の可能性を解き放つだろう」と共同声明は付け加えた。

Greenkoは、7.3ギガワットの運用ポートフォリオを持ち、インドで最大のクリーンエネルギー運用ポートフォリオを持っています。 Greenkoはまた、風力および太陽光プロジェクトのオンデマンド電力供給の一環として、インドの6つの州で合計8 GWのエネルギー貯蔵プロジェクトを構築しており、国営のNTPCLtdと提携して「ラウンド-時間」のエネルギー供給。

政府の計画の一環として、宇宙資産とデータは民間企業に開放され、IN-SPACeは民間企業がインドの宇宙インフラを使用するための公平な競争の場を提供します。

Skyrootの共同創設者兼CEOであるPawanKumar Chandanaは声明の中で、次のように述べています。「ESROは彼らと契約を結び、テストと立ち上げの要件に緊密に取り組んでいます。

への参加 ペパーミントニュースレター

* 利用可能なメールアドレスを入力してください

* ニュースレターを購読していただきありがとうございます。

ストーリーを見逃すことはありません! Mintとの接続と情報を常に入手してください。 今すぐアプリをダウンロードしてください!!

READ  セレスパワーと新しいクリーンテクノロジーブーム