Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

H2O Hospitalityが3000万ドルのシリーズCを確保し、ホテルのデジタル変革を加速-TechCrunch

パンデミックにより、ホスピタリティセクターでの非接触型および無人のオペレーションに対する需要が高まっています。 H2O。ホスピタリティ、無人ホテル管理会社は、その増加を背景に、3000万ドルのラウンドを終了しました。 韓国と日本の新興企業は、宿泊施設の予約、部屋の管理、フロントデスクの業務など、フロントエンドとバックエンドのプロセスを自動化しており、その資金を使って事業を拡大し続けます。

シリーズCツアー(約340億ウォン相当)が主導 投資のためのココア 韓国産業銀行(KDB)、ゴリラプライベートエクイティ、インベストニース。 東南アジアのミューチュアルファンドであるKejora-IntervestGrowth Fundもラウンドに参加しており、これはH2Oホスピタリティが特に東南アジア市場に焦点を当てる兆候です。 H2Oホスピタリティは2020年2月にSamsungVentures、Stonebridge Ventures、IMM Investment、ShinhanCapitalからシリーズBを700万ドル調達しました。

H2Oホスピタリティの創設者とCEOのジョンマイン。

「H2Oホスピタリティは現在、デジタルトランスフォーメーションに参加し、韓国と日本以外で事業を展開するために、いくつかのグローバルホテルチェーン企業と話し合っています」とリー氏はTechCrunchに語った。

H2Oは、アジア各国の顧客ニーズに応じて、顧客チャネルソリューションと非接触チェックインシステムを開発するための研究開発に投資する予定です。

「COVID-19後もホテルのデジタルトランスフォーメーションを成功させるには、すべての宿泊施設と状況のシステム開発とパーソナライズを最適化する必要があります」とリー氏は電子メールのインタビューで述べています。

2015年にCEOのジョンリーによって韓国で設立されたH2Oホスピタリティは、拡張と買収の過程のある時点でした。 たとえば、日本のホスピタリティマネジメント会社数社を買収するなど、2017年に日本に参入しました。 2021年、H2Oは、その技術とESG効率を高めるために、非接触型ホテルソリューション会社ImGATEと地元のスタートアップReplaceなどの2つの韓国企業を買収しました。

現在、同社は東京、大阪、ソウル、釜山、バンコクでホテル、旅館、ゲストハウスを含む約7,500の宿泊施設を運営しています。

H2Oホスピタリティの情報通信技術(ICT)ベースのホテル管理システムは、ホテル管理の自動化とデジタル化を可能にし、チャネル管理システム(CMS)、資産管理システム(PMS)、部屋管理システム(RMS)、および施設管理を含みます。 システム(FMS)。

声明によると、統合されたホテル管理システムは、ホテル管理の固定運用コストを50%削減し、収益を最大20%増加させることができます。

「COVID-19はほとんどの場合ホスピタリティ業界に打撃を与えました。ほとんどのホテルは固定費レベルを削減したいと考えていましたが、現在の運用フローでは不可能でした」とリー氏は続けます。

COVID-19が観光産業の多くを凍結し続けているため、パンデミックがH2Oにどのように影響しているかを尋ねられたとき、リーは、パンデミック前はH2Oの収益が最大30%増加したが、COVID後はその割合が5〜15%に低下したと述べました。 19.最近の収益ドライバーは、クライアントの効率を改善するために作成されたツールに基づいています。 これには、自動化された動的価格設定(ADR)ツールと、国内外のオンラインおよびオフラインの旅行代理店などの多様な販売チャネルが含まれていると同氏は述べた。

Lee氏はまた、H2Oは多くの不動産を装備しており、これも過去18か月間のH2O収益の成長に貢献していると述べました。 彼は、H2Oはアジアで唯一の会社であり、2020年8月から多くの不動産所有者がH2Oに参加し始めたと説明しました。

「パンデミックの間に私たちが乗り込んだすべてのホテルは、損益計算書を変更し、彼らの経済的損失を埋め合わせ始めました」と彼は私に言いました。

リー氏によると、現在、世界には約1,640万のホテルの部屋があり、年間5,700億ドルを生み出しています。 H2Oの主な目標はホテルのブランドを構築することではなく、ホテル経営者がより良い運営でホテルを運営できるようにすることであるため、H2Oは世界中のすべての宿泊施設をデジタル化できると考えています。

李氏は、現在のホテル運営はスマートフォンへの切り替え前の「2G電話」と非常によく似ており、H2Oはホテル運営全体を「スマートフォン」に変えていると説明した。

「これは(ホスピタリティ)業界にとって非常に自然な変化です。モバイルユーザーが2G電話からスマートフォンに切り替えるのも普通だったからです」とリー氏は私に語った。

残念ながら、国境を越えたインバウンド観光の市場は、国内市場が依然として市場に需要を押し上げているにもかかわらず、韓国と日本の両方にとって依然として低迷しているとリー氏は述べた。

「両国(韓国と日本)の予防接種の増加により、インバウンド観光市場は1年以内に回復すると私たちは信じています」とリー氏は語った。

Kejora-Intervest GrowthFundのマネージングディレクターであるJunSeok Kang氏は、TechCrunchに次のように語っています。変化するホテル市場で繁栄するでしょう。」

READ  新しい標準オペレーティングシステムのガイド