Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

IAEAが福島の排水のレビューを開始:規制と安全性

2021年9月6日

国際原子力機関の職員のチームが日本にいて、福島第一原子力発電所での処理水の計画された放出の正式な複数年のレビューを開始します。 これは、2023年に開始される予定の処理水の排出前、排出中、排出後の日本を支援するためのレビューと監視の支援の一環としてのIAEAの最初の使命です。

福島第一サイトの処理水タンク(写真:東京電力)

福島第一サイトでは、トリチウムを除くほとんどの放射能汚染を除去する高度液体前処理システム(ALPS)で汚染水を処理しています。 この処理水は現在、敷地内のタンクに貯蔵されています。 総貯水池容量は約137万立方メートルであり、すべての貯水池は2022年の夏に満水になると予想されています。

日本政府は4月、福島第一サイトに貯められた処理水を海に排出するという公式決定を発表した。 コアポリシーでは、「法規制を完全に遵守し、評判への悪影響を完全に最小限に抑えるための対策を講じるという条件で」、ALPS処理水を排出することを求めています。 日本は2023年春に処理水の放出を開始する予定であり、プロセス全体が数十年続く可能性があります。 東京電力は先月、処理水を排水するために長さ約1キロの海底トンネルを建設する計画を発表した。

国際原子力機関は、日本の安全で透明性のある処理水を海に排出する計画の実施を監視およびレビューする際の技術支援を提供することに合意しました。 IAEAは、以下を含む計画の主要な安全要素を研究する。排出される水の放射線学的特性。 排水プロセスの安全面とそのロードマップ。 人と環境の保護に関連する放射線環境影響評価。 承認、検査、レビュー、評価を含む組織の監視。 排出に関連する環境モニタリング。

東京のIAEAチームは、最初の任務中に、日本原子力規制当局、経済産業省、外務省の高官と会談します。 IAEA副局長兼原子力安全保障局長のエバー夫人が率い、IAEAのプロジェクト調整局長であるグスタボ・カルーソを含むチームは、福島第一を訪れ、現場の専門家と技術的な詳細について話し合い、レビュー機関にとって重要な活動と関心のあるサイト。

IAEA事務局長のラファエル・マリアーノ・グロッシは、次のように述べています。 「今週の任務中に、チームは、退院が安全で透明な方法で行われることを保証するために、特に現場での監査のタイムラインについて話し合います。」

加盟国から国際的に認められた専門家を含み、庁の調整局長が議長を務めるIAEAタスクフォースが結成され、技術支援プログラムを監督し、処理水の排出に関連する計画と手順を検討している。

「IAEAのレビューは、多様な背景と幅広い経験を持つ上級専門家を動員して、国内および国際的な利害関係者に、排水の安全性に関する関連性のある包括的かつタイムリーな情報を提供します」とエバー副局長は述べました。 。 これはまた、透明性の達成と排水の安全性に関する国民の信頼の構築にも貢献します。

Global Nuclear EnergyNewsが調査および執筆



READ  シアトル発の和風フライドチキンタコスがラインナップ