Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

IAEAの専門家が福島の放水プロジェクトを研究するために日本に到着

東京、2月14日/ DOS /。 国際原子力機関(IAEA)の専門家チームが月曜日に日本に到着し、福島第一原子力発電所を訪問し、大量の放射性水を海に投棄する東京の計画を研究しました。 、京都通信社は言った。

パネルには、日本の計画に懸念を抱く中国と韓国の専門家が参加します。 月曜日にIAEAの専門家が日本の経済産業省と会談し、火曜日に原子力発電所の検査を開始する。

現在、125万トンの水が鉄鋼タンクに貯蔵されており、それをさらに進める場所は事実上ありません。 昨年、日本政府は海に水を注ぎ始めることを許可しました。 放射線はほとんどないと言われていますが、水素の放射性同位元素であるトリチウムが含まれています。

2021年12月、福島工場の運営会社である東京電力ホールディングス株式会社。 このプロジェクトの一環として建設が始まりました。 2023年春から、今後30年間で段階的にトンネルから放流する予定である。 全体として、IAEAはプロジェクトを承認し、プロセスの監視を継続する予定です。

2月4日、ロシアと中国のウラジーミル・プーチン大統領と習近平国家主席は、福島第一原子力発電所から海水を排出する日本の計画に懸念を表明した。 モスクワと北京は、放射性水の除去は責任を持って、近隣の州や世界の組織と合意して取り扱われるべきであると主張した。

READ  ValueActの批判を受けて、日本のセブン&アイが戦略委員会を設置