Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

IAEA と日本の岡山大学は、がんとの闘いに役立つホウ素中性子捕捉療法を前進させるために協力しています

国際原子力機関と日本の岡山大学は、ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)で協力することに合意しました。 侵襲性悪性腫瘍の治療のための非外科的治療技術。 昨日ウィーンで開催された国際原子力機関の第 66 回総会で協定が調印され、この分野における機関の最初の協力センターとして岡山大学が指定されました。

IAEA と岡山大学は、中性子を利用したがんの放射線治療技術である BNCT で協力してきた長い歴史があります。 この高度に標的化された技術は、がん細胞に優先的に取り込まれ、腫瘍領域に中性子が照射されるホウ素含有医薬品に基づいています。

岡山大学は、新たな協同センター協定に基づき、以下のことを行います。

  • BNCT施設の建設を目指す組織への支援の提供;
  • BNCTスペシャリストへの教育とトレーニングの提供。
  • IAEAのマリー・スクウォドフスカ・キュリー・フェローシップ・プログラムの下で、この分野に関心のある若い女性大学院生を受け入れます。 そしてその
  • BNCT をサポートする標準化されたプロトコルを開発します。

岡山大学の現在の BNCT に関する専門医学物理学コースは、世界中のより多くの聴衆のために英語に翻訳され、大学は組織内のホウ素薬物分布の測定に関する研究も組織化します。

BNCT の開発に対する世界的な関心の高まり

近年の重要な開発により、病院に設置できるコンパクトな加速器ベースの中性子源が開発されました。 そこでは、医療機器として登録され、臨床現場で BNCT を提供できます。 日本では、サイクロトロンベースの BNCT システム、治療計画装置、およびホウ素含有薬剤の規制当局による承認が、再発および切除不能な頭頸部がんの日常的な臨床治療に使用するために取得されました。 これは、多くの営利企業が市場に参入し、建設中または計画中の多くの新しい施設で世界的な関心を呼び起こし、世界を 30以上の施設がBNCT関連事業に携わっています.

国際原子力機関は、2001 年に中性子捕捉療法の現状と題する BNCT に関するレポートを発行しました。 過去 20 年間にこの分野で起こった重要な変化を反映するために、BNCT に関する新しいレポートを作成する時が来たことが認識されました。 現在の作業体制の下で、岡山大学中性子治療研究センターは、2020 年と 2022 年の 2 つの主要な技術会議、および今後数か月で公開される予定の新しい TECDOC の起草中に、世界の BNCT コミュニティに多くの調整を提供しました。

国際原子力機関の副事務局長であり、原子力科学および応用部門の責任者である Najat Mokhtar 氏は、次のように述べています。

岡山大学の牧野博文総長は、次のように述べています。 「BNCTの研究・開発・教育のグローバルセンターとして情報交換に積極的に参加し、世界の健康と平和に貢献していきます。」

BNCT: 背後にある科学

BNCT を受ける患者には、がん細胞に蓄積するホウ素を含む試薬が投与され、多くの場合静脈内に注射されます。 ホウ素の安定同位体 (ホウ素-10) ががん細胞に中性子ビームを当てると、中性子が捕捉されて核反応が起こり、エネルギーの高いヘリウム (アルファ粒子) とリチウム核が形成されます。 核はがん細胞内にエネルギーを蓄積し、細胞の損傷と死を引き起こします。 他の放射線治療の場合のように細胞にビームを向けるのではなく、がん細胞にホウ素試薬を選択的に導入することによって腫瘍を標的にしますが、結果として健康な組織が損傷を受ける可能性があります。 この手順の高い生物学的効果と正確にターゲットを絞った細胞損傷は、臨床治療における BNCT の主な利点です。

国際原子力機関との協力センター

原子力技術の利用を促進するために、IAEA は世界中の指定機関と協力しています。 これらの組織は、協力センターのネットワークを通じて、原子力科学技術とその安全で確実な応用に関する独自の研究、開発、訓練を実施することにより、IAEA を支援しています。 現在、36 カ国に 58 のアクティブな IAEA 協力センターがあり、加盟国が国連の持続可能な開発目標を達成できるよう支援しています。

READ  サムスンは折り畳み式デバイス用のSペンを準備するために画板に戻りました