Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

IANS ライブへようこそ – スポーツ

画像ソース: IANS

IANSライブ

ドーハ (カタール)、11 月 9 日 (IANS) サムライ ブルー チームのメンバーは、FIFA ワールド カップ決勝戦に向けてカタールに到着し始め、月曜日に選手と関係者の小グループが公式ホテルにチェックインしました。水曜日. . 事情に詳しい方の情報によると。

主にJリーグ出身の選手の最初のバッチは、今後数週間サムライブルーの住居として機能するラディソンブルホテルドーハでの式典で、前田聡カタール日本大使によって正式に歓迎されました.

森保一監督率いるチームから発表された日本代表26名は、ブンデスリーガのアイントラハト・フランクフルトでプレーするプレーメーカーの鎌田大一と、レアル・ソシエダの久保建英で構成されている。

カタールのバスに欠席した著名人の中には、セルティックスの古橋恭悟、ミッドフィールダーの畑立亮、ヴィッセルストライカーの神戸大迫勇也、ウニオン ベルリンのミッドフィールダー原口元気がいた。

「J リーグの選手は 11 月 10 日頃にカタールに到着し、トレーニングを開始します。2022 FIFA ワールド カップ カタールはヨーロッパ リーグのシーズンの途中で開幕するため、ヨーロッパのクラブの選手は、クラブが加入するときにチームに加わります。試合は終わった」と日本サッカー協会は彼のウェブサイトで述べた。

ほとんどの選手がヨーロッパでの任務で忙しいため、ヨーロッパでトレードを行っている一部の選手が来週チームに加わる予定です. すべてを考慮して、日本はワールドカップの前に、ワールドカップの別のチームとの最後の国際親善試合を予定しています. 11 月 17 日にカナダのドバイ、アラブ首長国連邦。

日本はグループEに属し、スペイン、コスタリカ、ドイツと同組で、水曜日(11月23日)のドイツ戦でグループリーグの開幕戦を迎える。 その後、11月27日(日)にコスタリカ、12月1日(木)にスペインと対戦する。 各グループの最高のリーダーがノックアウト ステージに進みます。

1986年に最後に出場権を獲得した後、36年間の干ばつの後にワールドカップでプレーしているカナダは、11月23日にベルギーとの試合でグループキャンペーンを開始し、11月27日にクロアチアと対戦し、グループリーグの関係を終わらせますマッチで。 12月1日のモロッコ戦。

日本は、ワールドカップでアジアの国でトーナメントのノックアウトステージに 3 回進出した最高の記録を持っており、森保のチームは 7 回目の出場で初めて準々決勝に進出することを目指しています。トーナメントで。 ワールドカップ決勝。

2018 年のワールド カップで、日本はグループ ステージでコロンビアを 2 対 1 で下し、南米のチームを破った最初のアジアの国になりました。 チームは過去 16 回の準決勝に進出しましたが、ベルギーに 3 対 2 で敗れました。

ワールドカップ日本代表:

GK: 川島英治 (ストラスブール)、権田修一 (清水エス・ポールズ)、ダニエル・シュミット (サントロイデン)

DF:長友佑都(FC東京)、吉田麻也(シャルケ)、酒井宏樹(浦和レッズ)、谷口少女(川崎フロンターレ)、山内美希(川崎フロンターレ)、板倉航(ボルシア・メンヒェングラートバッハ)、町野松濤(湘南ベルマー)伊藤(シュツットガルト)、冨安健大(アーセナル)

MF/FW:柴崎ジャコ(レガネス)、遠藤航(シュトゥットガルト)、伊藤潤也(ランス)、南野拓実(モナコ)、森田秀昌(スポルティング・リスボン)、鎌田大地(アイントラハト・フランクフルト)、相馬祐希(名古屋グランパス)、薫ミツマ(ブライトン)、堂安律(フライブルク)、田中蒼(フォルトゥナ・デュッセルドルフ)、久保建英(レアル・ソシエダ)

FW:上田彩瀬(サークル・ブルッヘ)、浅野琢磨(ボーフム)、前田大仙(セルティック)
コーチ:森保肇
アシスタントコーチ:秋信陽司
アシスタントコーチ:斉藤俊英
アシスタントコーチ:上野優作
フィジカルコーチ:松本龍一
GKコーチ:下田隆史
テクニカルスタッフ:中下正樹
テクニカルスタッフ:酒井清隆
テクニカルスタッフ:佐藤貴宏

-ヤンス
アームストロング / イング

更新: 2022 年 11 月 9 日

READ  ラプターズユタワタナベ日本のファンのためのタイミングサイン