Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

Iberdrola の日本の洋上風力ポートフォリオにさらに多くのプロジェクトが追加されました

スペインの会社の最新の四半期決算によると、イベルドローラは日本のプロジェクト開発部門に別の計画された洋上風力発電所を追加しました。

「青森、佐賀、薩摩のプロジェクトに加えて、遊佐プロジェクトがポートフォリオに追加され、別のプロジェクトは高度な議論段階にあります」同社は2022年第3四半期のレポートで次のように述べています。

青森プロジェクトは、日本の北西部の青森県に建設が計画されている 600 MW の西北沖洋上風力発電所です。 Ibertrola は、コスモ エネルギー ホールディングスの 100% 子会社であるコスモ エコ パワーおよび日立造船株式会社 (HITS) との契約に署名した後、昨年初めにプロジェクトの株式を取得しました。

Iberdrola は、スペインを拠点とするデベロッパー Macquarie’s Green Investment Group (GIG) が以前所有していた Acacia Renewables を通じてプロジェクトを取得しました。 購入した 2020年9月、2021年4月にイベルドローラ・リニューアブルズ・ジャパンに社名変更。

Acacia Renewables の 100% 買収の一環として、Iberdrola は 600 MW の佐賀と 600 MW の薩摩洋上風力発電プロジェクト、および初期開発段階の 2.1 GW の洋上風力発電プロジェクトを取得しました。

これらの合計 3.3 GW のプロジェクト、600 MW の青森プロジェクト、および新しい洋上風力開発により、日本における Iberdrola のポートフォリオは 4 GW を超えます。

Iberdrola は、7 月の半年ごとの報告書で初めて米国のプロジェクトに言及しました。 ただし、同社はその声明または現在の第 3 四半期の結果で、この新しいプロジェクトの提供元を特定していません。

昨年イベルドローラの株式を購入した青森プロジェクトの開発者であるコスモエコパワーも、その開発部門に500MWの宇佐沖合プロジェクトを持っています。

しかし、特に山形県遊佐市の開発地域には、そこに風力発電所を建設したい 10 社の企業が集まっているため、同社がプロジェクトの株式を購入したかどうかは現在不明です。

OffshoreWIND.biz Yuza は、プランの追加について Iberdrola に連絡しましたが、同社はまだ応答していません。

Iberdrola はまた、最新の結果で、日本での入札プロセスの遅れにより、同社はプロジェクトのポートフォリオを構築し続けることができたと述べています。 これらには、2024 年の第 2 四半期に入札が提出される予定のラウンド 3 の Iberdrola からのプロジェクトと、2023 年の第 2 四半期に入札が開始される予定のラウンド 2 のいくつかの機会が含まれます。

入札プロセスは、ラウンド 2 の新しいガイドラインのリリースと、新しいフィード イン プレミアム (FIP) 支払いスキームの実装まで延期されています。

offshoreWIND.bizをフォローしてください:

READ  日英両国が沖縄本島南部で合同海軍演習を実施