Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

[ICE TIME] フランスGPで日本人トリオがメダルを獲得

[ICE TIME] フランスGPで日本人トリオがメダルを獲得

この記事が最初に登場したのは スポーツJAPAN Forwardのスポーツ専門サイト。

日本は今シーズン、アンジェで 11 月 4 ~ 6 日の週末に開催されたフランス グランプリでさらに 3 つのメダルを獲得し、メダル獲得数を増やしました。

山本蒼太 彼女は11月5日土曜日の男子種目で銀メダルを持ち帰りました。 友野一樹 ブロンズを取り、 住吉りおん 彼女は同日の女子大会で銅メダルを獲得した。

このキャンペーンでの日の丸のジュニアチームとシニアチームの両方での継続的な成功は印象的でした. 山本のメダルはグランプリで初めてのメダルであり、友野はキャリアで4回目のメダルを獲得しました。

19 歳の住吉は、金曜日のショート プログラムの後、5 位から順位を上げて初のグランプリ デビュー戦で表彰台に上がりました。

フランス人のアダム・シアウ・ヘム・ファが土曜日の男子選手権で合計268.98点を獲得し、ショートプログラム終了後の3位から順位を上げてタイトルを獲得した。 山本選手は2位257.90点、友野選手は3位248.77点。

広告

ベルギー ルイーナ・ヘンドリックス、昨シーズンの世界銀メダリストであり、土曜日の23歳の誕生日に216.34のスコアで女子タイトルを獲得し、韓国のIlim Kimは194.76の記録で2位にランクされました. 住吉は3位で194.34を記録。

全文を読む スポーツルックで。

著者: ジャック・ギャラガー

著者は、ベテランのスポーツ ジャーナリストであり、フィギュア スケートの世界有数の専門家の 1 人です。 ジャックのサイトで記事やポッドキャストを探す スポーツ 作者ページ、 こっちに、Twitterで見つけてください ツイートの埋め込み.

広告

READ  チェルシー0-4アーセナル:ガブリエウ・ジーザスが得点を続けている間、オーランドでアーセナルが勝利