Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

IIHF – 日本が初勝利

2期の話は日本と彼らのパワープレイ。 伊藤、東光遥、榎本芳乃、人里彩香、志賀茜のスペシャルチームが第2ピリオドで3得点を挙げ、3対3で引き分けた。 この試合の前に、日本はパワー プレーの機会が 4 つしかなく、マン アドバンテージで得点したものはありませんでした。

「この試合の前にパワープレーのチャンスは本当にありませんでした」とトーゴは言った. 「最初のピリオドの後、私たちのヘッドコーチは言いました。 [tie the game] 一つずつ。”

Toko は Soderbergh をかわしてルーズ パックにスティックを乗せ、日本のカムバックを開始しました。 1分18秒後、榎本はラインメイトの強い努力の後、大きく開いたネットで得点を挙げました。 東光は伊藤のリスターで 3 点目を挙げ、日本の同点ゴールをアシストした。

「トレーニング期間中、私はコーチと同じようにしようとしました」と伊藤は言った. 「試合中にそれができて、本当にうれしく思います。」

「彼らは2回目に3点を決めたので、落ち着いて3回目に良い仕事をしたかったし、得点するために一生懸命プッシュしたかった」とカールソンは言った. 「今回は物足りない」

日本は第 3 ピリオドで 4 度目の未回答のゴールを決めました。 志賀はトーコにパスを送り、トーコはバックハンドでパックをソダーバーグの上に持ち上げ、ゲームの 2 番目のゴールを決めた。

ソダーバーグとマシュアラはどちらも忙しく、試合は一進一退だった。 日本はトーゴ、スウェーデンはオルソンが先制。 オルセンは、ゲームの3番目のポイントであるサラ・ヒャルマーソンとの2対1で、4-4でゲームを引き分けました。

レミー・コヤマは、第3セット残りわずか2分48秒でシニア代表初ゴールを決めた。

「それは堅実な目標だ」とトーゴは語った。 「それは私をとても幸せにしました。」

スウェーデンは最後の 2 分間で Söderberg を引き離しましたが、デンマークでの時間を延長するためにゲームを延長戦に送ることができませんでした。

「今は厳しい敗戦だけど、これを見れば、しばらくの間、我々は開幕戦で良い仕事をしたと思うし、カナダとの試合も良かった。今回はそれができなかった」とカールソンは語った。言った。 「しかし、私たちは世界でさらに良いポジションを獲得するために努力を続けると思います。私たちは懸命に働くつもりです。」

READ  日本は夏に大きな旅行の変化をもたらす準備をしています