Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

IOCは、オリンピックが安全であることを緊張した日本に保証します

水曜日の国際オリンピック委員会(IOC)は、オリンピックへの反対が高まるにつれて、東京がオリンピック選手とホストコミュニティにとって安全であると約束しました。

東京の日本の高官と話して、IOCのトーマス・バッハ会長は、7月23日に始まる大会に先立って選手村の住民の80%以上が予防接種を受けることを望んでいると述べた。

彼は、世界的なスポーツシーンのキャンセルを求める声が高まっていることを却下し、エピデミックによってすでに一度遅れており、他のスポーツイベントがオリンピックが強力なCOVID予防策で繁栄できることを証明したと述べた。

バッハのコメントは、日本がエピデミックの第4波で戦争を続けたときに出されたが、遅い予防接種キャンペーンは、ゲームが続くというすでに不安定な国民の希望を弱体化させた。

「私は、日本のパートナーや友人とともに、すべての人のために安全なオリンピックとパラリンピックを開催するというIOCのこの完全なコミットメントを再確認することしかできません」とバッハは言いました。

「これを達成するために、私たちは今、オリンピックの実施に完全に集中しています。」

日経新聞によると、日本の主要都市の医師の30%未満がコロナウイルスの予防接種を受けており、オリンピックまであと65日しかありません。

今週、内閣の数字は、日本の予防接種ドライブの3か月後、医療スタッフの40%未満が完全に予防接種を受けたことを示しています。

問題は、特にゲストがゲームをする首都東京や他の大規模な人口密集地では、完全にワクチン接種された医療スタッフの割合が30%未満だったことです、とニッキは付け加えました。

ワクチンの供給の多くは大規模な病院に集中しており、医療スタッフの予約システムに問題がありました。

2021年5月18日、東京でコロナウイルス(COVID-19)が発生する中、日本オリンピック委員会本部の外で反オリンピック抗議者が集会を開いている間、治安部隊はオリンピックリング記念碑の近くで警備を行っています。 ロイター/加藤一世

反スポーツ医療グループが引用した苦情には、医師や看護師による予防接種のペースが遅いことが含まれます。 続きを読む

日本で10万人以上の医師と歯科医を代表するグループの会長であるSumiKenyuは、ゲームを手伝ってくれる約200人の医師と500人の看護師を求めることは信じられないことだと言いました。

スミ氏は水曜日にロイター通信に対し、「彼らが2発も撃たなかったときに、彼らを(オリンピックに)送ることは考えられない」と語った。 「この場所でオリンピックを安全に開催する方法はありません。」

バッハ氏は、IOCは、医療活動を支援するNOC代表の一部として追加の医療スタッフを配置することにより、また政府19が厳格に対策を実施するため、日本人の安全を維持する役割を果たすと述べた。

緊急事態

東京や大阪の主要都市を含む日本の多くは、今月末まで流行を抑えるために非常事態にあります。 沖縄の南部州は水曜日、新たな感染が記録的なレベルに達すると、独自の非常事態を要求すると述べた。

日本は7月末までに65歳以上の3600万人に予防接種をすることを目指しています。 その目標を達成するために、1日あたり約100万回の視聴、または現在の速度の3倍の速度を実現したいと考えています。

これまでのところ、1億2600万人の人口のわずか3.7%が少なくとも1回のワクチン接種を受けており、これは先進国で最も低い割合です。 当初、保有者であるファイザー社(PFEN)とバイオテクノロジーSE(22UAy.DE)によって開発されたワクチンの供給は少なく、規制当局によって承認されました。

しかし、ファイザーワクチンの到着は5月に劇的に増加し、日本は今週、大量ワクチン接種センターでの使用についてModern Inc.(MRNAO)候補を承認する予定です。 アストラゼネカPLC(AZN.L)が開発したショットは、国内の規制当局によって検討されています。 続きを読む

供給障壁が緩和されるにつれ、予防接種予約システムや人材不足の問題が増大しています。 先月の歯科医による同様の動きに続いて、政府は薬剤師に注射を提供することを検討しています。 続きを読む

私たちの基準: トムソンロイター財団の原則。

READ  東京オリンピック | 日本は国内の訪問者を許可する可能性があります