Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

iPhoneの「Tap to Pay」が日本に登場

iPhoneの「Tap to Pay」が日本に登場

Apple は iPhone での Tap to Pay の展開を続けており、日本は中小企業がカード端末を必要とせずに非接触型決済を受け入れることを許可した最も新しい国です。

より多くの国に拡大するだけでなく、業界や顧客がこのテクノロジーを使用する機会も増加しています…

iPhone でタップして支払う

iPhone の Tap to Pay は、中小企業向けの第 4 世代のカード決済テクノロジーです。

  • 有線カード決済端末、レンタル料金
  • ただし、ワイヤレスバージョンは依然としてレンタルする必要がありました
  • iPhone との Bluetooth 接続を使用して別々のデバイスを 1 回の充電で使用可能
  • iPhone でタップして支払う

後者の場合、いかなる種類の追加ハードウェアも必要ありません。 代わりに、消費者は自分のカード、iPhone、または Apple Watch を企業所有の iPhone にタップします。ただし、これは非接触型決済に限定されており、すべての企業に適用されるわけではないさまざまな取引制限があることに注意することが重要です。

この機能は 2022 年に初めて発表され、米国では新興の決済アプリによって段階的に展開されました。 その後、台湾、オーストラリア、イギリス、オランダ、ブラジル、ウクライナ、フランスへと国際的に拡大しました。

今年初め、PayPal は米国の Venmo と Jetpack の顧客にこのテクノロジーを採用しました。

日本リリース

昨日のアップル 宣言された この機能は日本でも利用できるようになりました。 同社は、当初は以下の金融サービス会社3社の支援を受けると述べた。

  • GMOフィナンシャルゲート株式会社
  • 人材紹介会社
  • 四角

アイデン氏も今後数カ月以内に後を追うことになる。

iPhoneのタップトゥペイは日本のAppleストアでも利用できるようになる。

FTC: 私たちは収入を生み出す自動アフィリエイト リンクを使用しています。 さらに遠く。

READ  ValueActの批判を受けて、日本のセブン&アイが戦略委員会を設置