Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ITTFジャパンパラオープンに向けて調子を上げている選手たち

ITTFジャパンパラオープンに向けて調子を上げている選手たち

現在パタヤの本拠地で活動中のタイのトップ選手たちは、8月30日水曜日に始まり、9月2日土曜日まで試合が行われる、世界ランキングポイントを争う40倍のトーナメントであるITTFパラジャパンオープンに出場する予定となっている。

また、状態も良好です。 Vanjai Sayut (グレード 4) は最近蔚山とパタヤのトーナメントで優勝し、Rungroj Tainyom (グレード 6) は最近優勝しました。 彼らの目標は3連覇だ。

一歩下がって、ティラユ・チュアボン (2 回)、ユタジャク・クリンバンスエン (クラス 3 回)、チャールンバン・ブンプー (クラス 5 回) が 2 連続ゴールです。 パタヤでは誰もが勝ちます。 チームメイトのフィシット・ワンフォンパタナシリ選手(8年生)は蔚山で金メダル、ホームでは銀メダルを獲得した。

男子シングルスでは韓国のパク・ジョンス選手(クラス1)と日本の中本徹選手(クラス5)が連続ゴールを決め、優勝した。 両者ともタイで優勝した。

男子シングルスで3名、女子シングルスでもう1名。

オーストラリアの Lee Li Na (9 年生) と Yang Qian (10 年生) は、今年 4 つの競技に出場しました。 新北市、台中、蔚山では常に最高の贈り物でした。

驚くべきことに、Li Li Na はあらゆる場面でクリーンな掃除を完了しており、Yang Qian も同僚のためでなければ同じことをしただろう。 蔚山グレード17混合ダブルス決勝では、ネイサン・ペリシエとリー・リナがレナード・プロバージョンとヤン・チアンを破った。

ネイサン・ペリシエとレナード・プロバージョンはともに東京に出場し、オーストラリアのチームメイト、マー・リン(9年生)も2012年ロンドン・パラリンピック金メダリストで、6月の台中大会で優勝した。

女子シングルスではオーストラリアが有力で、中国も同様。

Mao Jingtian (8 年生) はスター選手であり、最近 3 つのパラリンピックで金メダリストであり、今年 5 月にモンテネグロで優勝しました。

また、同じくリオと東京パラリンピックの金メダリスト、シュエ・ファン選手(クラス3)の名前もエントリーリストに載っている。 また、今年学位の取得も目指している。 5月にはスロベニアで優勝した。

東京では男子 88 名、女子 54 名が出場し、男子シングルスと女子シングルスのトーナメントが始まります。

一般ニュース パラ卓球

READ  日本は気候変動会議で悪名高い「化石」賞を受賞しました