Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

JALがジェットスタージャパン、春の日本投資で低価格戦略を強化| ニュース

日本航空は、東京成田ハブを中心に低コストのネットワークを構築しているようであるため、ジェットスタージャパンと春秋航空日本という3つの低コストユニットのうちの2つに追加投資を行う予定です。

投資の金銭的価値は開示されていないが、JALは2020年11月の公募から調達した資金によって部分的に支援されると述べている。

春秋航空日本が正式にJAL統合子会社となったため、最近の発表がありました。

Oneworld Careerは、中期的な事業計画の一環として、中国の格安航空会社SpringAirlinesとの合弁会社であるSpringJapanを買収する計画を最初に発表しました。

買収後、過半数の株式に引き上げられましたが、JALは以前は最低価格単位である48%を保有していました。

最新のアップデートで、JALは、中距離から長距離のユニットZipireを含む3つのユニットを含む、より広範な低コスト戦略を再確認しました。

JALは、成田に拠点を置く3つの航空会社のそれぞれが特定の市場をターゲットにするだろうと主張しています。 コロナウイルスの発生に続いて、キャリアの利益に影響を与えている「持続的な回復と堅実な成長の可能性を備えた低利回り市場での収益成長」を目標としています。

春の日本は、JALが以前に明らかにした日中の旅行市場をターゲットにします。

ジェットスタージャパンの場合、JALは追加投資が「回復」に役立つと述べています。 [its] コロナウイルス感染により金融システムが被害を受けた」。 低コストユニットは主に国内ネットワークに焦点を当てます。

2020年9月に運航を開始したジッパーは、米国西海岸とアジアへのフライトを運航する予定です。

キャリアは次のように付け加えました。「ザリグループは、セキュリティと安全の基本的なパラダイムを維持しながら、ナリタを拠点とする3つのLCCの強度を強化するグローバルネットワークを構築し続けます。 日本の地域の活性化とお客様の多様なニーズへの対応に貢献していきます。 」

READ  松山マニアは日本でゴルフを救うことができますか?