Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

Japan Incは、そのランク、東アジアのニュース、トップストーリーに予防接種を行うよう呼びかけました

東京(ブルームバーグ)-職場が人々の生活に大きな役割を果たしている国で、日本は、最大の企業にCovid-19ワクチンの展開を求めることで、厳しく監視されているワクチン接種キャンペーンに燃料が追加されると確信しています。

日本政府は、人口の11%しかワクチン接種していない展開にまだ苦労しているが、月曜日(6月)から、トヨタ自動車、ソフトバンクグループ、野村ホールディングスなどの企業や雇用主のトップブランドがオフィスビル内で従業員の映像を管理することを許可している。 21)。

RNAメッセンジャーのスナップショットを使用すると、この取り組みは現在、国の1億2600万人の人口の約10分の1をカバーし、5月以降のペースの著しい加速にもかかわらず、先進国で最も遅い予防接種プログラムの1つであるものをスピードアップすることを望んでいます。

このプログラムは、政府の予防接種業務を「複雑で面倒」と呼んでいる楽天グループCEOの三木谷浩史氏などの過去の批評家と協力しており、若者のワクチン忌避を緩和するのに役立つ可能性があります。 日本の職場では仲間からのプレッシャーが強く、同じ会社で一生働いている人もいます。

インターネット会社のGMOペイメントゲートウェイで働く大庭有旗さん(42)は、雇用主への信頼が要因となっている。 大場さんは、アレルギーが心配で、利用可能になったときに診療所で予防接種を受けることを計画していると述べましたが、ワクチンを効かせることは快適だと判断しました。

「私の同僚のほとんどはすでに約束を予約しているように感じます」と彼女は言いました。 さて、仕事の会話のほとんどは、「いつワクチン接種を受けるのですか? 「」

米国のような場所では、職場に従業員の予防接種を返す必要があるかどうかを議論し、香港のような場所では、ワクチンの摂取を増やすために民間企業に働きかけていますが、日本の職場キャンペーンは、企業が大きな役割を果たす文化にとって自然な一歩です。スタッフを提供します。

日本の企業は、労働者が不健康な時間を費やさなければならないことで知られていますが、毎年の健康診断や時には住宅補助金など、従業員に社会的セーフティネットも提供しています。

企業の熱意

職場での予防接種の追加は、日本が6月末までに1日あたり100万回の注射を行うという目標を達成するのに役立つと期待されている、と国のワクチン皇帝河野太郎は先週記者団に語った。 大学もこのミックスの一部になります。

これまでのところ、政府はこのプログラムの3,479件の申請を受け取り、線量は1,370万人をカバーするように設定されています。

職場プログラムには、JapanInc。からの迅速で熱心な反応がありました。 その幹部の何人かは、プログラムが展開された速度とそれがビジネスに与える影響について公に不満を述べています。

これらの努力はまた、ウイルスに感染した場合に深刻な症状を発症する可能性が低いため、当局が予防接種を受ける傾向が少なくなることを懸念していた日本のより多くの若者に予防接種を行うのに役立つ可能性があります。

6月1日に職場の映像が発表されてから数日以内に、日本で最も人気のある企業の幹部がテレビに出演し、ワクチン接種に適した大きなイベントスペースを示し、ワクチンを投与するために確保された医療スタッフの詳細を提供しました。

ソフトバンクの創設者である孫正義は、河野氏にワクチン接種サイトの1つであるWeWorkオフィスを東京の六本木地区からすぐのところに個人的に見学しました。 ANAホールディングスのような航空会社は先週、有利なスタートを切り、従業員への予防接種を開始しました。

「企業は積極的に経済活動の復活を支援したいと考えています。日本では、従業員の予防接種を奨励することを意味します」と、予防接種の取り組みの一部を監督しているソフトバンクのシニアマネージャーである池田正人は述べています。

ソフトバンクグループは、全国15か所の事務所の近くに住む25万人以上の労働者とその家族、個人に1日1万回の予防接種を計画しています。

保守的な医療文化と官僚的な論争が日本の予防接種キャンペーンに重くのしかかってきました。これは職場での予防接種が改善に役立つでしょう。 ブルームバーグワクチン追跡レポートによると、現在、人口の11%をカバーするのに十分なワクチンが投与されていますが、米国と英国では約半分です。

日本では、「人々は雇用主が健康診断を提供し、雇用主を通じて医療を提供することに慣れています。ワクチンはその延長線上にあります」と、消費財企業花王の元企業文化ディレクターで博士号を取得した笹川アナマリー氏は述べています。候補者。 日本企業のグローバル化に焦点を当てた研究を行っている東京大学で。

職場の立ち上げはより早く、より多くの人々をカバーするべきだと言う人もいます。最初のプログラムは、従業員が1,000人を超える大企業に限定され、日本の労働力の大部分を雇用する中小企業は除外されています。

数社が結束して、政府に映像を要求した。 同社の共同設立者であるジェームズ・レイニー氏は、投資会社のコーラル・キャピタルがワクチン接種場所、医師、そしてポートフォリオ企業の労働者の間で1,800人の用量を申請するのに十分な関心を確保したと述べた。

他のファンドとその企業が参加することで、その数は急速に25,000に増えました。「日本のスタートアップエコシステムの大部分は、私たちの努力によって移植できるようになるでしょう」と彼は言いました。

東京の聖路加国際大学公衆衛生学部の健康政策教授である小野崎浩平博士は、仕事によるワクチンへのアクセスの拡大は、国の若い世代の気分を後押しする可能性もあると述べた。

「私が聞いたところによると、ワクチンを接種できないことについて、労働年齢の人々の間には多くの不満があります。」

READ  NASAの忍耐力宇宙船は火星の土地の最も素晴らしい写真を撮ります