Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

[JAPAN SPORTS NOTEBOOK] サーファーのコナー・オリアリーがパリオリンピック日本代表を目指す

[JAPAN SPORTS NOTEBOOK] サーファーのコナー・オリアリーがパリオリンピック日本代表を目指す

SportsLook で全文を読む – [JAPAN SPORTS NOTEBOOK] サーファーのコナー・オリアリーがパリオリンピック日本代表を目指す

国際オリンピック委員会はサーファーの国籍変更を承認した コナー・オリアリー オーストラリアから日本へ、時事通信が11月29日木曜日に報じた。

このプロセスは数か月間進行しています。

世界のサーフィンコミュニティはすでに、将来の競技会で母親の唐沢明美の土地を代表したいというオレアリーの願望に気づいていた。

2023年8月、世界サーフィン協会は、オレアリーが 彼は日本人選手として出場する 2024年のWSLチャンピオンシップラウンドにて。

WSLの発表の一環として、オレアリー氏は変化への願望を明らかにした。

オリアリーさんはインスタグラムへの投稿で、「よく考え、検討した結果、日本を選びました」と語った。 「私は家族の伝統と文化的背景を表現することにしました。」

しかし、WSLのレポートによると、彼は今後もサーフギアに日本とオーストラリアの国旗を着用し続けるという。

30歳のオレアリーは、2017年ワールド・サーフ・リーグのルーキー・オブ・ザ・イヤーに輝いた。

彼の母親は日本のプロサーフィンチャンピオンでした。

2023年6月、日本サーフィン協会はオレアリーが 彼は国籍変更を申請していた 日本人に。 日本のサーフィン統括団体による発表時点では、オレアリーは世界で12人目の男性サーファーだった。

プロサーファーのコナー・オリアリーが2021年10月の資料写真に写っている(ワールド・サーフ・リーグ)

コナー・オリアリーは2024年のオリンピック日本代表選手団の座を狙っている

オリアリーさんは国籍を変えることで、地球の裏側タヒチで開催される2024年パリ五輪サーフィン競技の日本代表入りを目指している。

「オーストラリアの出場権を獲得できれば素晴らしいことだけど、これまでのキャリアを考えると、 [representing Japan is] オーストラリアの放送局SBSジャパンは、シドニー近郊で育ったオレアリーさんの言葉を伝え、「これは自分の視野を広げる素晴らしい方法だ」と語った。 2023 年 8 月の特集で

オリアリーはまた、若者や野心的なサーファーのロールモデルになりたいと考えています。

「日本にはたくさんの若い才能が現れている。彼らが憧れるサーファーになれればと思っている。現時点ではカナワ(五十嵐、現在世界ランキング14位)しかいないからね」とオレアリーは語った。日本のSBS。

SportsLook で、野球、フットボール、バスケットボールなどのニュースを含む全文を読み続けてください。

関連している:

著者: エド・オデビン

エドを探す ジャパンフォワードカスタムウェブサイト、 スポーティな外観 彼についていく [Japan Sports Notebook] 日曜日に、 [Odds and Evens] 平日とX(旧Twitter) @ed_oven

広告


READ  ライダーカップ2020:ウィスリングストレイツでヨーロッパを6-2で制覇するために、米国が初日を支配します。 ゴルフニュース