Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

[JAPAN SPORTS NOTEBOOK] 井上尚弥は2023年のリングファイターに選ばれる

[JAPAN SPORTS NOTEBOOK] 井上尚弥は2023年のリングファイターに選ばれる

SportsLook で全文を読む – [JAPAN SPORTS NOTEBOOK] 井上尚弥は2023年のリングファイターに選ばれる

2023年、井上尚弥が第2階級で誰もが認める世界チャンピオンになった。この偉業は、ボクシングの4ベルト時代(2004年以降)で他に一人しか達成できなかった。 その名前 テレンス・クロフォード現世界ウェルター級王者。

井上は7月25日にスティーブン・フルトンを破り(8ラウンドTKO)、12月26日にはマーロン・タパレスを止めた(10ラウンドTKO)。 両試合は東京・有明アリーナで行われた。

彼の輝かしいキャリアの中で26勝0敗(23KO)という完璧な戦績を誇る井上のリング上での功績は伝説となっている。 彼は2023年にその功績を称え、スポーツメディアの著名人たちから表彰を受けている。

1月5日金曜日。 リング 雑誌 井上は2023年のファイター・オブ・ザ・イヤーに選ばれた。 彼はこの名誉ある賞に日本人ボクサーとして初めて選ばれた。 世界的スポーツメディア大手ESPNも井上ファイター・オブ・ザ・イヤーに選出した。

1928 年以来、 リング尊敬されるアメリカのボクシング雑誌は、ヘビー級チャンピオンのジーン・タニーに初めて与えられた栄誉であるファイター・オブ・ザ・イヤーの賞を授与しました。

広告


井上尚弥
2023年12月27日、横浜の大橋ボクシングジムのスポーツ新聞ディスプレイの前に座る井上尚弥(Ⓒ産経)

アジアのボクサーでこの賞を最後に受賞したのはフィリピン人のマニー・パッキャオ(2006年、2008年、2009年)だった。


エリートファイターとして頂点を目指せ

2022年、ファンに「野獣」として知られる井上は、多くのボクシング関係者が長年言い続けてきたこと、つまり彼が世界のエリートファイターの一人であることを裏付けた。

神奈川県座間市出身の井上選手とヘビー級のタイソン・フューリー選手が世界ボクシング評議会の2022年の年間最優秀選手に選ばれた。 2023年と同様に、井上は前年に2度のタイトル戦で勝利を収めており、6月にはノニト・ドネアを2ラウンドTKOで破り、12月にはポール・バトラーに11ラウンドKO勝ちを収めた。 これらの勝利により、井上はバンタム級(53.5kgまたは118ポンド、重量級)の独占権を獲得し、前回の戦い以降4つのタイトルをすべて保持した。

井上尚弥
ボクサーの井上尚弥はプロキャリアで26勝0敗、23KOを記録している。 (共同)

井上尚弥にとって、2023年は新たな始まりとなった

しかし、バンタム級で優勝した後、井上は新たな挑戦を渇望していた。 したがって、彼は4つのバンタム級タイトルを放棄し、2023年にスーパーバンタム級(55.3kgまたは122ポンド)に体重を上げました。

タイミングは正しかった。

井上のパンチ力とスピードの組み合わせはスーパーバンタム級にふさわしい。

広告


今後のことを考えると、井上は早ければ5月にもメキシコのルイス・ネリと対戦するのではないかとの憶測もある。 大橋ボクシングクラブ会長の大橋秀行氏を含む井上のハンドラーらはまだ2024年の正式な計画を発表していない。

しかし、井上氏は経営陣を信頼して次の対戦相手を形成すると述べた。

「決まった試合に向けて全力を尽くします。 [and] 井上はタパレス戦勝利後、記者団に対し「大橋さんが選手たちとマッチしてくれることを信頼しており、どの試合に臨むのも楽しみにしている」と語った。

SportsLook で、テニス、サッカー、箱根駅伝などのニュースを含む全文を読み続けてください。

関連している:

著者: エド・オデビン

エドを探す ジャパンフォワードカスタムウェブサイト、 スポーティな外観 彼についていく [Japan Sports Notebook] 日曜日に、 [Odds and Evens] 平日とX(旧Twitter) @ed_oven

広告


READ  ハースの驚くほど遅い抗議活動について私たちが知っていること