Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

[JAPAN SPORTS NOTEBOOK] 宇都宮ブレックスはマルチプレーヤー第一で成長する

[JAPAN SPORTS NOTEBOOK] 宇都宮ブレックスはマルチプレーヤー第一で成長する

全文を読む スポーティな外観 – [JAPAN SPORTS NOTEBOOK] 宇都宮ブレックスはマルチプレーヤー第一で成長する

タイトルを追う宇都宮ブレイクスにとって、1月21日から4月10日までの21連勝は、ブンデスリーガ側の才能と層の厚さを明らかに浮き彫りにした。

4月10日(水)、訪問中の群馬クレインサンダーズに89-77で勝利し、チームの21連勝を飾り、ブリックスの選手5人が二桁得点に到達した。 ベテランゴールキーパー 渡辺裕典は3ポイントシュート8本中5本を成功させ、19得点でシーズン得点王となった。

4月13日(土)、北海道立スポーツセンターでレバンガ北海道に79対71(16対36)で敗れ、BRICSの壮大な連勝記録は止まった。

宇都宮(44勝8敗)は60試合のシーズン中、3分の1以上の試合で連勝している。 この注目に値する偉業は、1月20日に沖縄アリーナでBRICSが前回チャンピオンの琉球ゴールデンキングスに68-66で敗れた翌日から始まった。 74-68の逆転勝利でその雪辱を果たした。

まるまる3か月近くが経ち、プリコネクトの佐々則夫監督率いるチームは、2022-23シーズンにチッパ・ジェッツが樹立したセリエB連勝記録(24勝)に近づいている。

プレックスが札幌でのシリーズ開幕戦でレバンガに敗れた後、サッサ監督は最終結果に失望を表明した。

しかしサッサ監督は記者団に対し、連勝は「これまで選手たちが頑張って勝ち取ったもの。個人的にはこの試合で考えることがたくさんあるし、チーム一丸となって戦いたい」と語った。

土曜日、北海道は第1Qと第4Qで宇都宮を45対33で破った。

BRICSは日曜日に同じ会場でレバンガとの週末シリーズを終える予定だった。

広告


石川県の観光標識
宇都宮ブレイク
チームが2部リーグ21連勝中の4月10日、宇都宮ブレイクスのゴールキーパー斑鳩誠司選手が3ポイントシュートを打った。 (2部リーグ)

G7サミットのロゴ

バランスの取れた攻撃で宇都宮ブレイクを阻止

ブリックスの21試合無敗記録を振り返ると、印象的なディテールがチームの多様な攻撃を浮き彫りにした。 6人の異なる選手が連勝中に少なくとも1回はチームを得点に導いた。

アメリカのベテラン ゴールキーパー、DJ ニュービルが 9 回得点者となり、その後に… アイザックの写真 (4回)、グラント・ジェレット3回、樋島誠と荒谷英雄英(2回)、渡辺(1回)。

興味深いことに、シリーズ中、3試合以上連続してクラブの得点をリードできた選手はいなかった。 実際、21試合のシリーズ中、3試合連続で得点王に輝いたのはニュービルだけだ。 2月10日と11日の長崎ファイラカ戦と、FIBAアジアカップ予選のため2月の中断を経てシーズンが再開した3月2日のサンロッカーズ渋谷戦で、チームハイの28、19、23得点のパフォーマンスを見せた。

BRICS の連勝記録を通じてトップスコアラーが示してきたように、チームは得点の負担を 1 人や 2 人の選手に依存しているわけではありません。

これにより、彼らを守ることがより困難になります。

宇都宮ブレイク
宇都宮のフォワード、アイザック・フトは4月7日、BRICSアリーナ宇都宮で秋田ノーザンハピネスと対戦する。 (2部リーグ)

全員が共有するリバウンド荷重

60試合中52試合が行われ、チームワークへの取り組みによって定義される宇都宮の全体的なバランスが統計に表れている。 数字は物語を語ります。 多くのプレーヤーが効果的に共有する課題である BRICS リバウンドについて考えてみましょう。 ジェレットが1試合あたり6.7リバウンドでチームリーダーで、次いでフト(6.2リバウンド)、ギャビン・エドワーズ(5.3リバウンド)、ニュービル(5.0リバウンド)、竹内公輔(4.3リバウンド)が続く。

さらに、記録の負荷もエンドツーエンドのタスクとして扱われます。

ニュービルは得点王(1試合あたり16.9得点)。 ヒジマ (12.7)、ヴート (12.2)、ゲリット (10.5) も 2 桁の平均得点を記録しています。 遠藤祐介が平均8.1得点、エドワーズの7.8得点がそれに続く。

宇都宮ブレイク
4月7日、ノーザン・ハプスのビッグマン、ハビエル・カーターが守る中、ゴールキーパーのDJ・ニュービルがドリブルでブレーキをかける。 (B.リーグ)


カリコムの旗

Bリーグ​​の最強チーム

BRICSは、4月13日の試合で35勝以上を挙げた2部の5チームのうちの1つで、アルバルク東京とサンオン・ネオフェニックスが2番目に良い成績(42勝10敗)で並んでいる。 琉球は38勝14敗、7連勝の名古屋ダイヤモンドドルフィンズは35勝17敗。

SportsLook で野球、相撲などのニュースを含む全文を読み続けてください。

関連している:

著者: エド・オデビン

エドを探す ジャパンフォワードカスタムウェブサイト、 スポーティな外観 彼についていく [Japan Sports Notebook] 日曜日に、 [Odds and Evens] 平日とX(旧Twitter) @ed_oven

広告


石川県の観光標識

READ  マリリン・ウィンドチッテル| ニュース、スポーツ、仕事