Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

JAXA、悪天候のため主力ロケットの2回目の試験飛行を延期 – ビジネスニュース

JAXA、悪天候のため主力ロケットの2回目の試験飛行を延期 – ビジネスニュース

日本の航空宇宙庁は火曜日、発射場の悪天候が予想されたため、今週予定されていた新型主力ロケットH3ロケットの2回目の試験飛行の打ち上げを延期した。 この遅れは、日本の宇宙当局がこれを確実に実現するために急いでいる中で発生した ロケット初飛行の失敗から1年後、打ち上げに成功

宇宙航空研究開発機構(JAXA)のH3プロジェクトマネージャー、岡田正志氏によると、日本の南にある種子島宇宙センターの射場では雷と強風が予想されるという。 打ち上げは当初木曜日に行われる予定だった。

同氏は、代理店が水曜日に新たな開始日を設定すると付け加えた。

今回の打ち上げは、昨年3月に日本の初飛行が失敗し、ロケットを搭載していた地球観測先進衛星(ALOS-3)ごと破壊する必要があったため、その後の重要な試験となる。

この大失敗はこの問題に対する失望と不安を引き起こした 日本の宇宙開発計画日本企業が設計した宇宙船で懸念が高まる 月面着陸しようとして墜落 4月中。

宇宙航空研究開発機構とその元請け企業である三菱重工業は、H3ロケットの第2段エンジンの点火失敗につながった潜在的な電気的問題を特定して軽減し、来る2回目の試験飛行に向けて慎重にリハーサルを行ってきた。

岡田氏は「激動の1年だったが、できる限りの対策を講じてきた」と述べた。

岡田氏は、このミッションの主な目的はミサイルを予定の軌道に乗せることだと述べた。

宇宙航空研究開発機構もロケットのペイロードを計画軌道に投入することを目指しているが、今回、H3には実物ではなく、VEP-4と呼ばれるALOS衛星の2.6メートルトンのモックアップが搭載される。

また、キヤノン電子が開発した高速処理で静止画や動画を撮影できる小型観測衛星と、セーレンと複数の企業や大学が共同開発した小型観測衛星2機も搭載する。

H3ロケットの打ち上げはエンジン開発の遅れによりすでに2年以上延期されている。 このロケットは20年以上ぶりの日本の新シリーズで、日本ブランドのロケットのより安価で世界競争力の高い後継ロケットとして、宇宙航空研究開発機構と三菱重工業によって2,200億円(約15億ドル)の費用で開発された。 H-2A: 次の 50 機のリリース後に退役する予定です。

H3は半分の打ち上げコストでH-2Aよりも大きなペイロードを運ぶことができ、新開発の水素燃料主エンジンを搭載している。

この後も期待大 先月、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の歴史的な月面精密着陸が達成された。 宇宙船はH-2Aロケットで打ち上げられ、米国やライバルの中国に対する日本の競争力を証明することを狙っていた。 1月初め、48号機のH-2Aロケットは計画された軌道に偵察衛星を投入することに成功した。

三菱のH3プロジェクトマネージャー、仁津真幸氏は、衛星群を安定して打ち上げることができるロケットへの需要が高まっていると述べた。

同氏は「われわれは2号機のH3ロケットを成功させ、潜在顧客にわれわれの能力を実証したいと考えている」と述べ、H3はスペースXなど世界的な大手企業と競争できる可能性があると付け加えた。

READ  投資家が SVB の影響を懸念する中、米国と欧州の銀行株が下落