Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

JEOLとSCiLSがSCiLS Lab MVSソフトウェアの販売契約を締結

東京 – (ワークワイヤー日本電子株式会社 (東京: 6951) (社長兼 COO 大井泉) とブルカー ダルトニクスの一部門である SCiLS は、SCiLS Lab MVS プログラムの非独占的グローバル販売契約の締結を発表しました。

https://www.jeol.co.jp/products/detail/MS-Imaging.html

SCiLS Laboratory は、質量分析イメージングから新しい洞察を得たい研究者にとって最適なプログラムです。 このプログラムは、科学と産業で使用され、分析と視覚化の新しい基準を設定し、日常の作業と研究開発を簡素化します。 SCiLS Lab MVS (Multi-Vender Support) は、オープンな imzML データ形式に基づいた質量分析イメージング データ セットの分析に使用できます。 SCiLS Lab MVS は、SCiLS Lab のすべての機能を提供し、2 次元および 3 次元でほぼ無制限のサイズの質量分析イメージング データの統計分析と視覚化を可能にします。

「私たちは、JEOL と協力して質量分析イメージング技術を共同で展開し、JEOL の MALDI イメージング ソリューションのさらなる開発をサポートできることを非常に嬉しく思います。 「SCiLS Lab MVS – ベンダーに依存しないデータ分析用のソフトウェア パッケージ – は、すべてのベンダーに質量分析イメージング データの可能な限り幅広い互換性を提供します。このソフトウェアを使用すると、データの取得元の質量分析計に関係なく、データを知識に簡単に変換できます。」

日本電子株式会社 質量分析事業部長 上田義久氏 「当社の販売チャネルを通じて、SCiLS Laboratory MVS プログラムを提供できることを嬉しく思います。」 「SCiLS Lab MVS の高度な統計分析機能は、SpiralTOF™-plus ユーザーが多発性硬化症のイメージング研究のために SpiralTOF™-plus の高質量分析能力を最大限に活用できるようになったため、SpiralTOF™-plus ユーザーに大きなメリットをもたらします。」

SCiLSについて

SCiLS は、質量分析イメージング用の計算および計算ソフトウェア ソリューションを開発および促進するために、ブレーメン大学の関連会社として 2010 年に設立されました。 2017 年以降、SCiLS は Bruker Corporation の一部となっています。

URL: www.scils.de

日本電子株式会社

〒196-8558 東京都昭島市武蔵野3-1-2

大井泉 代表取締役社長 COO

(証券コード:東京証券取引所第1部6951)

www.jeol.com

READ  Veoneer Technologies のスバル Leforge が日本の名誉ある NCAP トップ 5 スター賞を受賞