Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

JOCの関係者は、日本兵は南アフリカのCOVID-19の噴火について心配していないと述べています

日本の男子サッカーチームは、2020年東京オリンピックの開幕戦でコロナに感染した南アフリカと対戦することを心配していません。

日本オリンピック委員会(JOC)のCOVID-19リエゾンオフィサーである道井道吾博士は、南アフリカがコロナウイルスの発生に見舞われたことが確認されて以来、問題を提起した選手はいないと述べた。

日曜日(7月18日)に、2人のプレーヤーとサポートスタッフの1人のメンバーがCOVID-19の検査で陽性となり、18人の代表団は密接な関係があると見なされます。

ディフェンダーのタピソ・モニアーネとミッドフィールダーのカモヘロ・マハラッシとビデオアナリストは、東京の運動村で最初に確認された症例でした。

木曜日(7月22日)に東京スタジアムで行われる予定だった試合の実施に疑問が投げかけられ、FIFAは各チームから少なくとも13人の選手が参加できると規定しました。

ただし、密接な連絡先として特定された人は、感染していないチームメンバーから個別のトレーニングを受け、特殊な車両で旅行することができます。

主催者は、密接に接触しているプレーヤーは、試合の少なくとも6時間前に、毎日陰性のCOVID-19検査を行い、プレーする必要があると述べました。

Dohiは、日本と南アフリカの間の競争が確実に行われるように、適切なウイルス対策が講じられていると考えています。

日本の公館長福井宗義は、彼はそこにいないと主張している "大きな問題" COVID-19©ゲッティイメージズ運動村に少なくとも3人のアスリートがいるにもかかわらず、陽性の検査を受けた
日本の公館長福井宗義は、少なくとも3人の選手がGovit-19の検査で陽性になったとしても、陸上競技の村では「大きな問題はない」と主張しています©Getty Images

「100%安全だと言っているわけではないが、適切な予防策を講じて、深刻な懸念なしにゲームに参加することを望んでいる」とドーヒ氏は語った。

土肥は、日本のサッカーチームから直接連絡はなかったが、問題を提起した選手はいないと語った。

「私たちはチームの医師と協力しており、問題や懸念がある場合、特にメンタルサポートについて報告することができます。これに備える必要があります」とDohi氏は述べています。

「どちらかといえば、現時点では情報がないことを確認したいので、この問題に関係するアスリートがいないことを願っています。」

オリンピック村でCOVID-19の検査で陽性となった最新のアスリート、チェコのビーチバレー選手Ondiz Perusicは、全体の数を少なくとも3人に増やしました。

東京2020大会前の合宿でウイルスに感染した後、米国の女性体操チームで代替案が特定されました。

合計236人の日本人アスリートが村に滞在していますが、日本には滞在していません ミッションリーダー 福井宗義は「大きな問題はない」と主張している。

「アスリートは毎日抗原検査を受け、アプリを使って私たちの毎日の健康状態を監視しています」と福井氏は語った。

「アスリートの村の内部では、アスリートが建物に入るたびに体温が測定され、健康対策が講じられています。

「私たちはCOVID-19の蔓延と戦うための非常に強力な対策を講じています。

「アスレチックビレッジからいくつかのポジティブなケースがあったことは知っていますが、東京2020は必要な措置を講じています。」

READ  欧州の音楽使用料投資プラットフォームが日本市場に参入