Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

JR東日本が日本で自動新幹線の試運転を実施

西日本鉄道と九州旅客鉄道は、自動運転を促進するためのテストを実施しています。 クレジット:UnsplashのJohn Cameron

東日本旅客鉄道(JR東日本)は、日本のニコタ県でE-7シリーズ新幹線の試運転を行っています。

1年前に発表された試運転は、労働力不足による高速鉄道の運行の自動化を目指しています。

テストには、コントロールセンターからリモートで操作され、物理的な介入なしに自動的に操作される12両のE7シリーズ新幹線が含まれていました。

これは、日本ですでに商用運転されている新幹線の最初の自動テストです。

試運転中は、緊急時に備えて運転手や他のスタッフが電車に乗っていました。

列車は、ジョードプル-新幹線ルートのナイカタ駅から約5 kmを移動し、予想される最高速度110 km / hに近づきました。

新潟新幹線がデポに停車したとき、列車は予定の停車地点である8cmを逃しましたが、それはまだ許容範囲の50cmの範囲内でした。

JR東日本は10月29日から技術評価のための自律新幹線試乗を実施しています。

また、急いで列車を止めるための試験も行っています。

自動運転機能については、JR東日本もローカル5G高速通信サービスの利用をテストしています。

これにより、列車からコントローラーに高品質のビデオ映像をリアルタイムで送信できます。

同社は、「Alpha-X」プロトタイプの新しい新幹線と東京の忙しいYemenoteループラインで同様の自動運転テストを実施しました。

西日本鉄道や九州旅客鉄道も自動運転を促進するための試験を実施しています。

これらの企業は、それぞれ大阪環状線と香椎線のローカルサービスをテストしています。

READ  エルトン・ジャンツィーズが日本に引っ越し、ヨハン・アッカーマンが再会?