Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

JSRは高度なフォトレジストのためにアメリカの会社を買収しました

日本の半導体材料メーカーであるJSRは金曜日、オレゴンを拠点とするInpriaを買収し、チップ製造用の高度な化学物質に関する後者の専門知識に焦点を当てると発表した。

現在Inpriaの21%の株式を所有しているJSRは、10月末までに残りのすべての株式を現金で取得する予定です。

JSRのCEOであるエリック・ジョンソンは金曜日にオンライン記者団に、インプリアに2022会計年度までに利益を上げる計画があると語った。

JSRのマネージングディレクターである須原忠弘は、次のように述べています。 Inpriaは、極端紫外線リソグラフィーに使用されるフォトレジストを含め、フォトレジストで高い評価を得ています。

フォトレジスタは、シリコンウェーハに回路を印刷するために使用されます。 半導体が小さくなるにつれ、チップメーカーはより高度な製品を求めています。

JSRはまた、次世代の半導体を製造するために設計された金属酸化物フォトレジストにInpria技術を活用したいと考えています。 JSRをはじめとする日本企業は、フォトレジストの世界シェアの約90%を占めています。

JSRは、5月に独自の合成ゴム事業を石油会社Eneosに売却した後、チップ製造材料とライフサイエンスに照準を合わせてきました。

ジョンソン氏は、フォトレジストの世界市場は今後10年間で倍増すると述べ、継続的な強力な投資がJSRの技術的優位性を維持するための鍵になると付け加えました。

READ  日本のサービス価格は、コロナウイルスの痛みが治まるにつれて、8か月で最大の上昇を記録します