Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

Karo が SoftBank JV で日本に進出 | アジアテックデイリー

まだアカウントがありませんか? 登録

発表によると、東南アジアの中古車大手 Carro は SoftBank Corporation との合弁会社を通じて日本市場に進出している。

合弁会社の社名は株式会社キャロ ジャパンとし、サブスクリプション ベースのサービスやレンタカーなど、あらゆるサービスを提供します。

この戦略的パートナーシップを通じて、Carro のテクノロジーは、従来のレンタカーと日本の法人ユーザーをデジタルでマッチングさせます。 このパートナーシップには、個人ユーザー向けの市場を拡大する計画とともに、いくつかのレンタル会社も含まれます。

近年、日本では新車価格の高騰や自動車保有ニーズの高まりにより、中古車やサブスクリプションサービスの需要が高まっています。

しかし、矛盾や信頼できる評価基準の欠如による中古車の評価を正確に評価することの難しさは、国の中古車市場への参入に多くの障壁をもたらしました。

カロ氏によると、日本での同社のプロジェクトは、リース サービスで既存の自動車ディーラーをサポートし、非常に競争力のあるサブスクリプション ベースのサービスを提供します。

さらに、Carro の AI テクノロジーを統合して、履歴とデータに基づいて中古車の評価を正確に予測します。 一方、CARRO JAPANにおけるソフトバンクの主な役割は、マーケティング、販売、パートナー企業との協力など、日本市場向けのサービスを設計することです。

今回のCarroの日本進出に伴い、法人のお客様は、CARRO JAPANのウェブサイトから、車両のサイズ、走行距離、禁煙・禁煙などの中古車の条件を指定することで、サブスクリプションベースのサービスを申し込むことができます。 レンタル可能な適切な中古車のリストが自動的に生成されます。

「日本は主要な自動車市場の 1 つであり、アジアで最もデジタルに精通した国です。Carro の CEO 兼共同設立者である Aaron Tan は次のように述べています。 AIを活用した機能を使用して、国全体で。

あなたの意見は何ですか?

+1

賛成票

+1

拍手

+1

拍手

+1

燃えている

+1

うーん

+1

拍手

+1

READ  ZeniMax Online Studios の新しい Xbox IP は、約 200 人の開発者によって作成されています