Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

Kioxia-Western Digitalの取引は、日本と米国で同等のハブを保証する必要があります-トップ議員

Western Digitalのオフィスビルは、2017年1月24日、米国カリフォルニア州アーバインに展示されています。REUTERS/ Mike Blake

東京(ロイター)-日本の与党の上級メンバーはロイターに、日本のキオクシアホールディングスと米国のライバルであるウエスタンデジタル社との合併は、重要な事業が両国間で平等に分割されることを保証するべきであると語った。

元経済大臣であり、与党自民党の有力議員である甘利明氏のコメントは、かつて世界をリードしていたがその後は消滅した半導体産業の残骸を保護したいという日本の必死を強調している。

アル・アマリ氏は木曜日のインタビューで、「すべてを米国に移すことを許すべきではない」と述べた。

「キオクシアが外国企業、特に米国企業と関係を結ぶ場合、少なくとも両国で同等の事業基盤を持つ必要があります。」

アマリ氏は、特に生産設備について言及しているのかと尋ねられたが、この問題は日本の戦略に関連していると述べ、コメントを控えた。

以前は東芝メモリ社として知られていたキオクシアとWesternDigitalは、半導体をめぐる激しい世界的な競争の中で、200億ドルの株式合併の可能性について事前に話し合っています。

アル・アマリ氏は、2社の協力は悪い考えではないと考えたと語った。 Kioxia-Western Digitalは、NANDフラッシュ市場の3分の1をまとめて管理し、韓国のSamsung Electronics(005930.KS)と同等になります。

自民党の半導体タスクフォースを率いるアマリ氏は、「ブロードバンドを利用することが重要だ」と語った。 「規模が大きいほど、研究開発の力が高まり、顧客のニーズの変化をより早く理解できるようになります。」

アマリの見解は日本の商務省と一致しています。 省筋は、Western Digitalが日本の最新技術を管理していれば、Kioxiaとの合併を支持する用意があると述べた。

東芝(6502.T)が2018年にベインキャピタルが主導するコンソーシアムに180億ドルで売却したキオクシアは、米中貿易戦争がキオクシアの最大の顧客の1つであるファーウェイを批判した後、昨年、新規株式公開の計画を中止した。 キオクシアはまだIPOを検討していると述べた。

Keuxiaの約40.6%を保有する東芝は、その戦略的オプションについて少なくとも4つのグローバルプライベートエクイティ企業と個別に協議しています。 これは、防衛機器や原子炉を製造しているため、コングロマリットを戦略的資産と見なしている日本政府にとっても潜在的な懸念事項です。

一部の株主が会社に検討を迫っているオプションである東芝を非公開にする可能性について尋ねられたアマリ氏は、東芝の利害関係者はまず会社の経営構造がどうあるべきかを考えるべきだと述べた。

山崎真希子、金子香織、清水律子による追加報告。 DavidDolanとEdwinaGibbsによる編集

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  Xboxゲーマーには最適ですが、シリーズXをもっと見たいと思っています•Eurogamer.net