Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

KKRがBlackstoneにアプローチし、東芝からの共同入札を提出

米国のプライベートエクイティグループKKRは、東芝を買収するための共同入札を準備するためにブラックストーンにアプローチし、ベインキャピタルとの対決への道を開いた。

議論を直接知っている人によると、東芝がプライベートエクイティや他の投資家からの潜在的な入札を評価するための特別委員会を設立すると発表した後、2つのグループはここ数週間予備協議を行った。

彼らは、交渉はまだ初期段階にあり、正式な決定には至っていないが、KKRが買収契約を主導することが期待されていると付け加えた。

KKRとBlackstoneの関心は、4月にベインが東芝の筆頭株主であるシンガポールの投資ファンドEffissimoからの買収の適格な裏付けを確保した後にもたらされます。

KKRとブラックストーンはブルームバーグによって最初に報告された会話についてコメントすることを拒否した。

時価総額180億ドルの東芝の民間買収契約は、プライベートエクイティがアジア最大の先進経済に進出する際のターニングポイントとなるでしょう。

しかし、原子力、防衛、半導体などのデリケートな分野に事業を展開する146年の歴史を持つプライベートブランドを所有することへの重大な政治的ハードルに照らして、プライベートエクイティグループがどのように取引を構築する予定かは不明です。

銀行家や弁護士は、日本の当局が全外国のコンソーシアムによる東芝の完全な買収に同意する可能性は低く、国の支援を受けた投資ファンドや他の日本のパートナーの参加を要求する可能性が高いと述べた。

東芝の幹部は長い間グループを非公開にすることに抵抗してきたが、同社は長年の金融混乱と日本のグループに大きな株を所有するアクティビスト株主との衝突を解決するオプションを模索しなければならなかった。

日本は長い間、多くの最大のプライベートエクイティグループから、技術、産業、製造の専門知識が豊富なホットターゲットと見なされてきました。 ベインキャピタルなどの多くの大企業は、この地域から最高のリターンを生み出しています。

一部のグローバルバイアウトファンドは、株主からの価値を高めるよう圧力をかけられている日本のコングロマリットによって解放された創設者や企業による大規模な資産の売却に焦点を合わせています。

しかし、ベインやKKRのようなベテランの投資家からでさえ、大きな取引を成立させることは、何年もの努力と関係構築を必要とする微妙な仕事のままです。

あるプライベートエクイティの幹部は最近、「日本コングロマリットが創業者主導の企業を崩壊させ、支援する絶好の機会がある」と述べ、「これは容易な市場ではない。成功したよりも多くの人々が失敗した」と警告した。

READ  財務省の利回りで株価が上昇する中、円は4年ぶりの安値まで下落