Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

Kookie Ogosaは、苦戦している巨人に大勝してKarpに火をつけます

ルーキーコキオゴサはホームで4連勝で前半をスタートし、セントラルリーグの4位の広島カープは土曜日に3位の読売ジャイアンツに8-7で勝利を収めた。

東京ドームでの勝利は、残り8試合でジャイアンツとの3試合に移ったとき、プレーオフバースをつかむというカープの希望を維持しました。

過去2回のプレーヤーオブザマンス賞を受賞した鈴木誠也は、36本塁打で2得点を挙げ、菊池涼介は2塁打、2得点、2得点、3得点を鯉で打ち、スタートをノックアウトした。前半は巨人高橋裕紀(11)-9)。

高橋の3本塁打で2点目を決めたオゴサは、「シヤは、最初の良いグラウンドを追いかけて、実際のようにスイングする準備をするようにアドバイスしてくれた」と語った。

鯉の森下暢人(8-7)が8-0でリードして7位に終わったが、5回に14位のゼロスウィーラーに進んだ。

しかし、ウィーラーは34ブロック目でホールドした9位の新人栗林隆二と2倍になり、3人のアタッカーが夕方から得点を挙げた。

ジンゴスタジアムでは、中日ドラゴンズのダヤン・フィセイドの2ストロークシングルが、1位の東京ヤクルトスワローズに5-3で勝利し、5回目のタイを獲得しました。 2015年以来の最初の旗のヤクルトのマジックナンバーは6です。

札幌ドームでは、スティーブン・モヤの8打点で、パシフィック・リーグをリードするオリックス・バファローズが、北海道日本ハムファイターズとの1対1の引き分けで敗れた。

ズズマリンスタジアムでは、柳田有希がホームで後半5ラン3ランを制し、4位の福岡ソフトバンクホークスが2位の千葉ロッテマリーンズを10-4で下した。

楽天生命パーク宮城では、島内宏明が前半ヒット、東北楽天ゴールデンイーグルスボウラー3名が6安打、埼玉西武ライオンズが3-0で勝利。 イーグルスの勝利は、PLの最終順位を目指して戦い、ホークスを5ゲームリードし続けました。

誤った情報と多くの情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

READ  ウガンダの重量挙げ選手がオリンピックに先立って日本で姿を消す