Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

KRA、ケニアと日本の貿易で187億シリングを調達

KRA、ケニアと日本の貿易で187億シリングを調達

ケニア、ナイロビ、11 月 22 日 – ケニアと日本の貿易関係により、ケニア歳入庁 (KRA) は今年 187 億シリングを徴収しました。

同国は日本に48億4,000万シリング相当の商品を輸出したが、アジアの国からの輸入は461億シリウズに達した。

KRAのハンフリー・ワタンガ長官は、日本は特に貿易円滑化と国境管理においてKRAの重要なパートナーの一つであると述べた。

「KRAは歳入徴収のほかに、貿易を促進し、国内の投資家にとって有利な環境を作り出すことを目的とした政策を実施する義務を負っている」とワタンガ氏は述べた。

「日本の投資家を日本に誘致するために、今後も関連政府機関と協力していく」と同氏は付け加えた。

日本政府はこれまで、その機関である国際協力機構(JICA)を通じて、貿易円滑化と国境管理におけるKRA職員の能力開発、国境管理と監視機器の設置、巡視船、巡視車両の寄贈を申し出てきた。そして手荷物検査装置。 とりわけ。

駐ケニア日本大使の岡庭ケイン氏は、優れた税制政策を確立することが投資家にとって有利なビジネス環境を作り出す一つの方法であると付け加えた。

同氏は、ケニアでは約144社の日本企業が事業を展開しており、他にも同国への投資に意欲的な投資家が数多くいると述べた。

READ  ニュースナビゲーター:「ワクチンパスポート」とは何ですか?また、どの国が日本パスポートを受け入れますか?