Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

LPGAツアー:稲見萌音がエリートサーキットで初優勝、TOTOジャパンクラシックでジェマ・ドライバーグが6位 | ゴルフニュース

LPGAツアー:稲見萌音がエリートサーキットで初優勝、TOTOジャパンクラシックでジェマ・ドライバーグが6位 | ゴルフニュース

稲見萌音が地元開催のTOTOジャパンクラシックで優勝し、LPGAツアー初優勝を果たした。 ディフェンディングチャンピオンのジェマ・ドライバーグは最終ラウンドで7ゴールを記録した後、3打差の6位に後退した。 NASAハトカ、ダブルボギーを含むダブルオーバー74の望みが消える


9:04、英国、2023 年 11 月 5 日日曜日

ディフェンディングチャンピオンのジェマ・ドライバーグは、Totoジャパンクラシックで最終ラウンドを7アンダーの6位タイで終え、優勝したムニ・エナミに3打差を残した。

2022年大会で4打差で優勝したドライバーグは、日曜日の太平洋クラブ美野里での完璧な試合で、フロント9で4つのバーディを奪い、さらに3つをホームに持ち帰った。

30歳の彼は19アンダーのスコアでトーナメントを終えたが、日本の稲見は22アンダーのスコアでホームで優勝し、同胞の川木志帆と韓国のペ・ソンウを1ポイント上回った。


写真:
稲見萌音が日本で1打差勝利、LPGAツアー初優勝

江波は川木と同じ日本人選手鳩岡奈紗に1ゴール差で最終日を迎えたが、川木が71打、畑岡が74と低迷し、3アンダー69をマークして優勝するには十分だった。

鳩香のダブルラウンドは4番でボギー、15番でダブルボギー。

江波の優勝はキャリア13回目だが、LPGAツアーでは初優勝で、この優勝により今シーズンの残りと2024年いっぱいのLPGAツアーメンバーシップが得られた。

READ  エリック・テン・ハグはマンチェスター・ユナイテッドで3番目の潜在的な移籍損失に直面しており、チェルシーは誘拐への一歩を踏み出すことを検討しています。 サッカー| スポーツ