Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

Matthew Thompson が Kofax のアジア太平洋および日本事業担当シニア バイス プレジデントに任命されました。

デジタル ワークフローを変革するインテリジェント オートメーション ソフトウェアのリーディング プロバイダーである Kofax® は、アジア太平洋および日本事業担当上級副社長としてオーストラリア人の Matthew Thompson を任命したことを発表しました。

シンガポールに本社を置く Matthew は、オーストラリアとシンガポールの IBM での上級職、最近では東南アジアと韓国で成長を推進している VMware での上級職など、この地域での成功の実績があります。

「Kofax がアジア太平洋地域全体に拡大するにつれて、私たちのグローバルな経験と市場に関する知識は、お客様の要件を理解する独自の立場に立つことができます。」と Matthew 氏は述べています。

包摂的な人中心の考え方を採用し、Kofax の深い市場と技術の専門知識を活用することで、顧客は引き続き迅速に業務を変革し、リーダーシップの効率性を高めることができます。」

より多くの顧客がクラウド対応またはハイブリッドを目指しているため、Kofax のクラウド ソリューションの採用が急速に進んでいます。 私は、地域全体の新規および既存の市場のクライアントがビジネス目標を達成できるよう支援することに情熱を注いでいます。 ” 彼は言った

Matthew は、Kofax の収益責任者である Tim Bates に対して責任を負っています。

「マシューが Kofax の経営陣に加わり、当社のソリューションをアジア太平洋および日本全体の新しい市場およびセグメントに推進できることを嬉しく思います。

世界がインテリジェント オートメーションに向けて動き続ける中、Kofax は、組織が効率を達成し、ビジネスの成長を推進するのに役立つように調整されたソリューションを提供する独自の立場にあります。」

「マシューは、アジア太平洋地域全体でビジネスを成長させ成功させてきた優れた実績により、これらの市場全体で当社の強力な地位を拡大するための理想的なリーダーとなっています。」 ベイツは言った

マシューは、シドニー大学で経済学の学士号を取得しています。

READ  インドネシアの新しい「グリーン」首都を建設すると、石炭の使用が増加する可能性があります(分析)