Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

Microsoftは、PlayStationでCall of Dutyを維持するためにソニーに10年間の契約を提供したと述べています

政府の厳しい監視も MicrosoftによるActivision Blizzardの690億ドルの買収 多くの規制当局がコール オブ デューティ フランチャイズの将来を特に重視しているため、Microsoft はニューヨーク タイムズに対し、今月初めに PlayStation でシリーズを維持するための 10 年間の契約をソニーに提供したと語った.

合計で、世界中の 16 の規制当局が、Microsoft による Activision Blizzard の買収提案に対する調査を開始し、競争に対する潜在的な影響を評価しました。 これまでのところ、ブラジルとサウジアラビアだけが、以下を含む多くの地域との取引に同意しています 欧州委員会 そしてその 英国競争市場庁、問題のより詳細なレビューを発表した後。

どちらの場合も、Call of Duty の将来が特に懸念事項として強調されており、規制当局が懸念を表明しています。 ジャガーノート Microsoft は、この特権を利用して、競合他社に対して不当な優位性を得る可能性があります。

ニュースレター: ポケモン スカーレットとバイオレットのリークをのぞき見する必要がありますか?

これらの懸念を鎮めようとする一方で、Microsoft は、Sony のプラットフォームで Call of Duty を維持する意欲について議論することで、ますます発言力を高めています。 9月の報告によると、同社は 最初に誓った Activisionの現在の契約後、PlayStationでCall of Dutyを「少なくともあと数年間」維持するには、PlayStationのボスであるJim Ryanが引き続き電話をかけます 「いくつかのレベルで不適切」.

10 月、Xbox の社長フィル スペンサー 公約する 「出荷可能なPlayStationがある限り」、SonyコンソールでCall of Dutyゲームをリリースし続けること. しかし今、ニューヨーク・タイムズに話して、マイクロソフトはそれを持っています 開いた ソニーの最新のオファーの条件は、11 月 11 日に PlayStation でコール オブ デューティを維持するための 10 年間の契約を提案したと述べて、より具体的な詳細に入りました。 ソニーは同誌のコメント要請に応じなかった。

もちろん、Sony は、1 月の発表以来、Microsoft の買収に断固として反対し続けています。 9月には、 彼は言ったCall of Duty のような Activision ゲームの管理権を Microsoft に与えることで、この取引はゲーマーとゲーム業界の将来に重大な悪影響を及ぼします。 ジム・ライアンも あなたは彼がブリュッセルに旅行したと言いました EU の規制当局と面会し、Microsoft との取引を直接再開するため。

ニューヨーク・タイムズ紙の取材に対し、マイクロソフトはソニーが規制当局を誤解させていると非難し、同社は「存続可能性に対するコール オブ デューティの重要性を誇張している」と述べた。 これに対し、ジム・ライアン氏は、これは「真実ではない」と述べ、マイクロソフトは「業界を支配してきた長い歴史を持つテクノロジーの巨人」であり、「この取り引きが実現すれば、今日のゲーマーが利用できる選択肢はなくなる可能性が非常に高い」と付け加えた。続きます。」

Microsoft がすべての規制上のハードルをクリアできると仮定すると、Activision Blizzard の買収は来年の夏に完了する予定です。

READ  ランダム:ローガンポールは男の子のおもちゃでテーブルを作りました、そしてインターネットは幸せではありません