Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

Microsoft が数十年ぶりに PrtScr キーをいじる • The Register

Microsoft が数十年ぶりに PrtScr キーをいじる • The Register

マイクロソフトはプライバシー問題の「アクロパリープス」全体を背後に置いたので、ソフトウェア メーカーはより多くの Windows 11 ユーザーに Snipping Tool を提供する準備ができています。

これが発生する場所の 1 つは、Print Screen (PrtScr) スイッチです。この機能は、何年にもわたる Microsoft のアップグレードやその他の機能の改善を通じて変わっていません。

マイクロソフトは、Windows 11 の「アクロパリプス」プライバシー バグの修正を急ぐ

続きを読む

マイクロソフトが今月導入した 建物 22624.1546 これには、PrtScr キーを押したときの動作を変更する計画が含まれています。 画面に表示されているもののスナップショットを作成してクリップボード、OneDrive、または Dropbox などのサードパーティ アプリに保存するだけでなく、Snipping Tool が既定で開きます。

ユーザーは引き続き Snipping Tool を使用して画面全体のコピーを作成できますが、これは追加の手順です。 また、ユーザーが変更を本当に気に入らない場合は、[設定]>[アクセシビリティ]>[キーボード]に移動して、既定の設定をオフにすることができます。

Microsoft によると、ユーザーがこの設定を既に変更している場合、設定は保持されます。

ほとんどの場合、この変更には肩をすくめているようです。 1 人のユーザーが実行中です 編集 Snipping Tool は、既に Windows 11 のアクセシビリティ設定メニューのオプションであったことに注意してください。 「ここでの変更点は、オフではなくデフォルトでオンになることだけです。」

別の人はショートカットを指摘し、Win + Shift + S がそのトリックを実行し、ユーザーが「画面全体をつかむか切り取り、必要に応じて注釈を付けてから、コピーまたは名前を付けて保存」できるようにすると書いています。

「私の半分は『物事を変えた』とか『元の時代に戻れ』と泣き言を言いたがっている」と、ある技術者は書いている。ヒットせずに何十年も。」 .

また、オプションとして、オープンソースの Greenshot や ShareX ツールなど、Windows 用のサードパーティ アプリケーションも挙げています。

「この時点でずっと前に Greenshot を PrintScr に関連付けていました」とあるユーザーは書いています。 「切り取りツールよりもはるかに優れています。矢印キーで微調整してピクセル単位で完璧なスクリーンショットを取得できる拡大鏡が表示されます。」

別のユーザーは、Microsoft が実際に Greenshot を買収せず、「Clippy Grabber か何かに名前を変更した」ことに驚いたと書いています。

現代のユーザー環境の変化に気づき、Print Screen が追いつく必要があることに気付いた人もいました。 まず、オフィスで 2 台以上のモニターを使用する人が増えています。 PrtScr を押すと、すべての画面がキャプチャされます。 代わりに、アクティブな画面に表示されているものだけをコピーするには、ALT + Print Screen キーを押したままにする必要があります。

また、あるユーザーが指摘したように、画面のサイズは拡大しています。 切り取りツールのデフォルトについて、「理にかなっている。画面サイズが巨大化している。640 × 480 日に戻ると、画面全体を取得するのが理にかなっている」と彼らは述べた。

Reddit のコメントをスクロールすると、非常に厳しい「いいえ」が 1 つだけありました。

ほんの数週間前に、スニッピング ツールがトリミングおよび検閲されたスクリーンショットからデータを適切に削除していなかったことが発覚したことを覚えていますか? 彼らは、Snipping Tool を覚えていて、デフォルトにしたくないとカラフルに説明する前に、尋ねました。

この問題は、アクロパリプスのプライバシーの基礎でした。 ユーザーは、Snipping Tool を使用して、スクリーンショット、写真、その他の画像 (機密情報や画像が含まれている可能性があるもの) の一部を切り取っていました。 ただし、先月、アプリを使用した後、トリミングされた写真ファイルにはまだトリミングされた部分が含まれており、取得して表示できることが判明しました。

同様の問題は、Windows 10 の Snip & Sketch トリミング ツールと、Pixel スマートフォン用の Google のマークアップ写真編集アプリで発見されています。

Microsoft は数日のうちに、Snipping Tool と Snip & Sketch の両方の修正プログラムを公開しましたが、上記のように、一部のユーザーは被害を受けました。

これらの抗議にもかかわらず、何かが軌道から外れない限り、Snipping Tool がデフォルトのツールになります。 Insider Beta チャネルで行われた変更は、多くの場合、オペレーティング システムの機能として終了します。 ®

READ  任天堂の Twitter アカウントは、スプラトゥーン 3 の新しいモードなどを示唆していると思われます