Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

M'siaのメカマトムービーが日本公開

M'siaのメカマトムービーが日本公開

クアラルンプール:この国でナンバーワンのアニメーション映画『メカマト』が、日本市場に参入した最初の地元アニメーション映画として歴史に名を残した。

1月19日から30館以上で上映される。

MONSTAとAstro Shawが製作したこの映画は、2022年の公開中に3,600万リンギットの収益を上げた。

MONSTAの最高経営責任者(CEO)ニザム・アブドゥル・ラザック氏は昨日の声明で、映画のプレミアが日曜日に東京の映画館で開催されたと述べた。

同氏は、声優、メディア、日本のファン、MONSTAの戦略的パートナーがイベントに出席したと述べた。

彼は、観客の反応は非常に好意的であり、アニメファンはミカマトの映画の品質を賞賛したと付け加えた。

「日本初演では観客の皆様から多くの嬉しい反応をいただきました。

「彼らは、マレーシアが、子供たちを116分間座席に「釘付け」にするようなストーリーを備えた世界的に有名なアニメーション映画を制作するとは期待していませんでした。

「メカマトのファンがこのバージョンを見る機会を逃したくないと信じているので、日本語吹き替え版をマレーシアに持っていく予定です」と日曜日に東京のイオン調布で行われたプレミア上映会で彼は語った、とバーナマ通信は報じた。

システムによると、モンスタはアマト役の村瀬歩さん、メカボット役の松岡禎丞さん、グラカクス将軍役の津田健次郎さんといった人気俳優が出演する本作で、人気の「声優」を確保するため、日本の戦略的パートナーからアドバイスや支援を受けたという。

「日本のマーケティングスタイルは大きく異なることがわかりました。日本の声優には独特のファン層と魅力があります。

「この取り組みが日本の観客の関心を集め、マレーシア映画を観て、その経験を共有してくれることを願っています」とニザム氏は語った。

『メカマト』のシーズン 1 と 2 は、マレーシア発の作品として初めて TOKYO MX を通じて日本の国営テレビで放送に成功しました。

地元アーティストのYonnyboiiが歌った映画「メカマト」のテーマソング「テマニク」も、日本の歌手RUKAが日本語で歌い直した「トモダチ」だ。

この動きは、マレーシア国外での国際的なマーケティング活動に沿ったものです。

READ  プライムビデオで最高のSF映画