Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

NASAの宇宙船が太陽系で最も火山の多い場所に向かっています

CNN の Wonder Theory 科学ニュースレターにサインアップしてください。 驚くべき発見、科学の進歩などのニュースで宇宙を探検.



CNN

NASA の宇宙船は、太陽系で最も火山が多い場所との一連の接近遭遇の最初の準備をしています。 探査機ジュノーは、12 月 15 日木曜日に木星の衛星イオのそばを飛行します。

操作は次のいずれかになります。 ジュノーはその後1年半にわたって9回のイオ飛行を行った。 2 回の遭遇は、月面からわずか 930 マイル (1,500 キロメートル) からのものです。

ジュノは 7 月 5 日に 50,000 マイル (80,000 キロメートル) 離れたイオの輝く赤外線ビューを捉えました。 その画像の最も明るいスポットは、イオの高温に対応しています。イオには何百もの火山があり、そのうちのいくつかは溶岩の噴水を数十マイルの高さまで送ることができます.

科学者は、ジュノのイオの観測を使用して、火山ネットワークとその噴火が木星とどのように相互作用するかについてさらに学びます。 月は常に木星の巨大な重力に引き寄せられています。

「チームは、拡張されたジュノのミッションに木星の衛星の研究が含まれていることに本当に興奮しています。接近するたびに、豊富な新しい情報を得ることができました。」アントニオ氏は声明で述べた。

「Juno のセンサーは木星を研究するように設計されていますが、木星の衛星を観測するという 2 つの役割をうまくこなせることに満足しています。」

探査機は最近、9 月 29 日に木星の最北端のサイクロンの新しい画像を捉えました。 木星の大気は何百ものハリケーンに支配されており、その多くは惑星の極に集まっています。

ジュノーが捉えた木星の最北端のハリケーンは、画像の下端に沿って右側に見えます。

探査機ジュノは、2016 年から木星の軌道を周回しており、巨大惑星についての詳細を明らかにし、昨年開始され、2025 年末まで続く予定のミッションの延長期間中に木星の衛星のフライバイを実行することに焦点を当てています。

ジュノーは2021年に木星の衛星ガニメデを通過し、今年初めにエウロパが通過しました。 宇宙船はその機器を使って両方の月の氷の地殻の下を探索し、塩辛い海があると考えられているエウロパの内部に関するデータを収集しました。

インタラクティブ: 太陽系の生命の探索がどこで展開されているかを調べます

エウロパの表面を構成する氷殻の厚さは 16 ~ 24 km (10 ~ 15 マイル) で、その上にある海の深さは 64 ~ 161 km (40 ~ 100 マイル) と推定されています。

ジュノーによってキャプチャされたデータと画像は、今後 2 年間で木星の衛星に向かう 2 つの別々のミッションに情報を提供するのに役立つ可能性があります。 NASA のエウロパ クリッパー ミッション.

最初の打ち上げは 2023 年 4 月に予定されており、3 年間かけて木星とその 3 つの氷衛星 (ガニメデ、カリスト、エウロパ) を詳細に調査します。 3 つの月すべての氷で覆われた地殻の下に海があると考えられており、科学者はガニメデの海が居住可能かどうかを調査したいと考えています。

エウロパ クリッパーは 2024 年に打ち上げられ、2030 年に月に到着した後、月を 50 回周回する専用の一連のフライバイを実行します。できることは、内海が本当に存在するかどうか、月が生命を維持できるかどうかを科学者が判断するのに役立ちます。

READ  ネアンデルタール人が地球を歩き回って以来、緑色の彗星は初めて地球を通過します