Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

NASAの最新の宇宙ステーションの出荷には、月の土壌の3D印刷システムが含まれています

NASAはそれに一歩近づいています 月と火星にコロニーを構築する オーブの土を使用します。 今日の宇宙 ノート そのNASA そうしないと 国際宇宙ステーションに補給する任務には、月や同様の地球外表面に3Dプリントされたレゴリス(つまり、土壌や軟岩)を表示することを目的とした機械が含まれていました。

Redwire Regolith Print Project(RRP)は、既存のプリンターシステム(ManD)と連携して動作し、シミュレートされたレゴリスの3D印刷を実験します。 成功した場合、ISSの乗組員は、結果として得られた材料の強度を測定して、地球外の過酷な条件に対処できるかどうかを確認します。

すべてがうまくいけば、RRPは入植者が要求に応じて生息地の少なくとも一部を印刷することにつながる可能性があります。 これにより、NASAが月と火星にもたらす建設資材の量を減らすことができます。 科学者たちは土壌ベースの生息地を構想しました 長年、しかし、このテストは比較的現実的です-それは低重力で土壌を3Dプリントする試みです。 やるべきことはまだたくさんありますが、長期的な目標 アルテミス そして、将来の火星ミッションはより達成可能かもしれません。

Engadgetが推奨するすべての製品は、親会社とは関係なく、編集チームによって厳選されています。 一部のストーリーにはアフィリエイトリンクが含まれています。 これらのリンクのいずれかを介して何かを購入すると、アフィリエイトコミッションを獲得する場合があります。

READ  新しいNASA画像で火星の表面に奇妙な青い構造が輝いています