Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

NASAは修理のために月のロケットを発射台から移動します

NASAの新しいビッグムーンロケットは、いくつかの小さな修理のためにガレージに戻ってきており、最初の打ち上げを夏の終わりかそれ以降に延期する可能性があります。

つまり、NASAは今のところ、ロケットのリハーサルと呼ばれるものを完了することを諦めています。これは、700,000ガロンを超える超低温の液体水素を搭載するため、「ウェット」と呼ばれる手の込んだカウントダウン演習です。 ロケットの燃料タンク内の酸素。

過去1か月間、スペースローンチシステムと呼ばれるロケットは、地上ベースのシステムテストを受けている間、フロリダのケネディ宇宙センターの発射台に座っていました。 オーディションは、ウェットリハーサルで最高潮に達することになっていました。

ただし、カウントダウン中のさまざまな技術的な不具合により、この演習を実行する3つの試みは早期に終了しました。 新しいミサイルシステムの訓練の目的は、これらの問題を特定して修正することです。

技術者はまた、上段のバルブが故障していることを発見し、先週の木曜日の3回目の試行で、ブースト段に燃料タンクのみが充填されるようにテストが変更されました。 しかし、その後、ロケットの底に接続されているいわゆるシークレットテールサービスシャフトで水素漏れが検出され、リハーサルはクリアされました。 酸素ボンベは半分満杯ではなく、水素燃料補給は始まったばかりでした。

先週、NASAの関係者は、ロケットがまだ発射台にある間に水素漏れを修正したいと言った。 しかし月曜日に彼らは考えを変えたと言った。 来週、ロケットはスペースシャトル組立棟に戻され、技術者はロケットの部品に簡単にアクセスできます。 これにより、故障した上段バルブを交換できます。

同時に、危険なガスを浄化するために使用される窒素ガスを供給するオフサイトベンダーがシステムをアップグレードしています。 2回のトレーニング中に、窒素供給の乱れがカウントダウンを遅らせました。

NASAの共同探査システム開発担当副管理者であるトム・ホイットマイヤー氏は、月曜日の記者会見で、「巨大な月のロケットは非常にうまくいっている」と述べた。 「私たちはこのミサイルで本当に賢くなったと思います。しかし、やるべきことはもっとたくさんあります。」

宇宙飛行士を月に送るNASAのアルテミス計画の重要なコンポーネントであるスペースローンチシステムは、予定より数年遅れており、数十億ドルの予算があります。 最近の問題で、ホイットマイヤー氏は、6月初旬の2週間のウィンドウの間にミサイルを発射に間に合うように準備することは難しいだろうと言いました。 6月下旬から7月下旬にかけてさらに2週間の機会があります。

「現在、2つの異なるスケジュールオプションに取り組んでおり、1週間の間に管理チームと検討します」と、ローンチディレクターのチャーリーブラックウェルトンプソンは述べています。

1つは、必要な最小限の修理(上段バルブと水素漏れ)を行い、ウェットワークアウトを行うためにできるだけ早く操作パネルに戻ることです。 2番目のオプションには、ミサイルを発射できるようにするために必要な追加の作業が含まれます。 どちらのオプションでも、スペースシャトル組立棟に戻る必要があります。

3番目のオプションは、ロケットを完全に打ち上げる準備をしてから、建物への別の飛行なしでリハーサルと打ち上げの両方を実行することです。

READ  電源オン! ウェッブ宇宙望遠鏡が計器をオンにする