Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

NASAは核熱推進を開発するための軍事計画に参加します

ズームイン / ロケットから月への機敏な運用の宇宙船デモンストレーションのコンセプト アート (Draco)。

ダーパ

ほぼ 3 年間、米国防総省高等研究計画局 意向を表明した 飛行可能な核熱推進システムを開発する。 目標は、地球軌道、月軌道、およびその間のあらゆる場所で宇宙船のより応答性の高い制御を開発し、これらの領域で陸軍に大きな運用上の自由を与えることでした.

軍事機関は、このプログラムをアジャイル シスルナ オペレーション用デモンストレーション ロケット、略して DRACO と呼びました。 このプログラムは、核分裂炉とそれを飛ばす宇宙船の 2 つの開発で構成されています。 2021 年に、DARPA は原子炉のために General Atomics に 2200 万ドルを授与し、宇宙船システムのために Lockheed Martin に 290 万ドル、Blue Origin に 250 万ドルの少額の助成金を与えました。

同時に、NASA は、いつの日か人間を火星に送ることに真剣に取り組んでいるのであれば、より速く、より燃料効率の良い方法で火星に到達できればよいと考えていました。 それ 感動レポート この出版物は2021年に、宇宙機関が今後数十年で人間を火星に送るための唯一の現実的な道は核推進を使用することであると結論付けました.

核熱推進にはロケットエンジンが含まれ、原子炉が燃焼室に置き換わり、液体水素を燃料として燃焼します。 火星に到達するために必要な燃料は、化学推進よりもはるかに少なく、多くの場合 500 トン未満です。 これは、火星ミッションに役立ちます。これには、火星に貨物を事前配置するためのいくつかの高度なミッションが含まれます。

だから今週、 NASAは言った 軍事機関との提携でドラコ計画に参加。

「NASA​​は、長期的なパートナーであるDARPAと協力して、2027年にも高度な核熱推進技術を開発および実証する予定です」と彼は言いました。 NASA長官のビル・ネルソン氏は次のように述べています。. 「この新技術の助けを借りて、宇宙飛行士はこれまで以上に速く深宇宙を行き来できるようになり、火星への有人ミッションに備えるための優れた能力となります。」

現時点では、米国宇宙機関は直接的な資金を提供する予定はありません。 ただし、宇宙技術ミッション総局は、原子炉からの電力を利用する宇宙船の主要コンポーネントである核熱機関の技術開発を主導します。 DARPAは、ミサイルシステムの統合と調達を含むプログラムの全体的な開発を引き続きリードします。

核熱推進は、ドイツのロケット科学者ヴェルナー・フォン・ブラウンと NASA のプロジェクト ネルバの時代にさかのぼり、長い間宇宙飛行支持者の標的でした。 これらの計画は実現することはなく、アイデアは何十年も後回しにされていました。 現在、この合弁事業は、それ以来、技術を開発するための最も真剣なアメリカの取り組みです。 また、宇宙機関に関与を迫っている米国議会からの関心という追加の利点もあります。

これはすぐには起こりません。 この技術は困難で証明されておらず、もちろん、原子炉を宇宙に打ち上げるには規制上の問題があります。 2027年はデモンストレーションにとって楽観的であり、少なくとも2030年代後半までにこの技術が人間を火星に送るために使用される可能性は低い.

しかし、ついに何かが起こります。 今のところ、それで十分です。

READ  アンキロサウルスの尻尾棍棒は、T. レックスに向けて振るだけではありませんでした。